堀越高等学校
堀越高等学校モバイルサイト
トップ > 学校の理念
カレンダー アルバム 体育祭 文化祭 入試情報 クラブ活動掲示板 制服紹介 事務室だより"
和魂洋才
堀越高校は、大正12年(1923年)に“和魂洋才”の理念を掲げて創立されました。この建学の精神は、移り変わる時代時代に即応しながら、今もなお脈々と受け継がれています。 生徒には、人間として大切なことは何かを理解したうえで、自分らしさを思う存分発揮してほしい。“和魂洋才”には、そんな気持ちが込められています。 校訓の“太陽の如く生きよう”は、生徒が伸び伸びと、生き生きと、個性を活かして成長できる学園であることを表現しています。画一的な枠に当てはめるのではなく、可能な限り自由な学びの空気を重視しています。将来のことを考えることは重要ですが、いま自分ができることを精一杯行う事はもっと大切です。堀越高校でのチャレンジは、自分の可能性への挑戦といえるでしょう。
堀越精神
堀越精神
伝統的校風
伝統的校風
堀越高校の伝統的校風として、生徒は登下校の時、校門で感謝の意を込めて一礼します。はじめは、みんな戸惑いますが、あいさつは人としての基本です。高校生といえば、もう子供ではありません。しっかりと礼節をわきまえて、誰からも愛される人になってもらいたい。立派な社会人として成長してほしい。そんな願いを込めて、躾の面では特に気を配っています。厳しいと感じることもあるでしょうが、必ず、堀越高校を卒業して良かったと思える学園生活が送れます。
ごあいさつ
伝統的校風
本校は、生徒一人ひとりが“夢の実現”を目指す学校です。学業はもちろん、学校行事、部活動、生徒会活動などの学園生活を通して、集団行動のルールやチームプレーの大切さを学ぶ中から豊かな個性を身につけ、あなたの夢を実現してください。迷うことも、悩むことも、辛抱する時も、苦労することもあるでしょう。それらを経験して、乗り越えることで、自分にとって本当に大切なものは何かを発見し、夢に近づくことができます。そして、社会人として立派に活躍する “人”として成長するのです。

▲ページの上に戻る

Copyright (C) 2016 Horikoshigakuen. All Rights Reserved.