トップ > 生徒たちの声
学校説明会事務室だより
堀越高校に決めてよかった
生徒は一人ひとり、夢を持って入学してきます。
学校生活を通して個性を磨き、仲間と力を合わせて一つひとつの目標を達成しながら、夢を実現させています。迷うことも、悩むことも、辛抱する時も、苦労することもあるでしょう。
それらを経験して、努力して乗り越えることで、自分にとって本当に大切なものは何かを発見し、夢に近づくことができます。努力は、絶対に裏切りません。
先輩在校生の体験談

自分が入学したいと思える高校を家族と相談して決めた

10月は父と、11月は母と学校説明会に参加。家族で相談して単願推薦で受験しました。学校説明会で印象的だったのは、先生と在校生がとても良い雰囲気でお話をされていたことです。個別相談の時には、入試委員の先生が明るく接してくださり、積極的に質問できました。皆さんも是非、自分から入学したいと思える学校選びをしてください。
進学・進路選択コース 西山朱音 さいたま市立内谷中学校出身

体験入部会で受けた先輩のボールの感触が入学の決め手です

11月に硬式野球部の体験入部会と学校説明会に参加しました。体験入部会で先輩とキャッチボールをした時、“ここで野球をやりたい”と受験を決めました。公式戦も行われるグラウンドや室内練習場など、環境は抜群。中学の最後の大会を故障欠場したうっぷんを堀越高校で晴らしたいと思います。
体験入部会への参加は、早めがお勧めです。
体育コース 鈴木 颯 葛飾区立綾瀬中学校出身

大好きなトランペット、苦手な勉強、どちらも頑張れる学校

高校でもトランペットの演奏を続けたいと考えて高校選びをしました。堀越高校の学校説明会・学校見学会・堀越祭に参加、バンドフェスタも見に行きました。中学校の校長先生と面接試験の練習を繰り返して、合格することができました。学校は楽しく、苦手な勉強も一からスタートできるので、私にとっては最高の環境です。

育英コース 松永航弥 町田市立山崎中学校出身

夢に向かってがんばっています

今しかできないことを一生懸命にやる。それが堀越の生徒の特徴です

美術部に入り、学展に向けて大好きな絵を描いています。英語やコミュニケーション能力を磨き、将来はグラフィックデザイナーになりたいです。絵を描くときに大切なものは、感性。堀越高校は生徒一人ひとりの個性を大切に育ててくれます。個性的な仲間と目標に向かって集中する時間はアッという間に過ぎていきます。そんな、かけがえのない時間を大切にしたい。今しかできないことを一生懸命にやる、それが堀越の生徒の特徴です。
進学・進路選択コース 後藤菜里 武蔵野市立第六中学校出身

厳しいけれど、楽しい。学校行事を重ねながら一歩一歩、成長できます

新しい校舎は最高の環境です。“この環境を守りたい”という仲間が集まる生徒会整美委員会で活動しています。堀越高校は校則が厳しいと言われますが、“一人前の人間”としての自分を作ってくれていると思います。堀越高校を漢字2文字で表すと“厳・楽”。校則というルールを守れば、とても楽しい学校です。学校行事を重ねていくと、仲間との距離がどんどん近づき、先生方との会話も増えていきます。一歩一歩、大人に近づく。そんな学校です。
進学・進路選択コース 西村 史 西東京市立ひばりが丘中学校出身

堀越高校は“希望” 夢に向かって活動できます

将来は音楽の世界で活躍できる人になりたい。独創性のある音楽活動ができるように、歌、作詞、作曲を勉強しています。堀越高校では、ヒップホップ同好会・ヴォイトレゼミ・演劇ゼミ・非電源ゲームゼミに参加しています。堀越高校独自の校内ゼミは、勉強系・スポーツ系・音楽系など様々あり、学年を超えて同じ趣味を持つ仲間が集まる楽しい時間です。堀越高校を漢字2文字で表すと“希望”。まさに希望にあふれる生徒がたくさんいます。

進学・進路選択コース 井上ルイス アンドリュウ 中野区立第十中学校出身

 

積極的に“聞く”ことで行動範囲が広がり、新しい自分が発見できます

高校に入学してから“聞く”ということが大切なことだと気づきました。勉強で分からないことは“聞く”。先生方は丁寧に教えてくれます。人の話を“聞く”。たくさんの人の気持ちが分かります。積極的に“聞く”と自分の行動も変わってきます。自分から先生や仲間にあいさつをしたり、困った人を見かけると声をかけたり。行動範囲が広がることで、自分が成長していくことに気づきます。新しい自分が目を覚ましたようです。
進学・進路選択コース 千田竜ノ介 足立区立千寿青葉中学校出身

あいさつが身につくと周囲の人が見えてくる。学校生活が楽しくなる

堀越高校では、あいさつと礼儀を身に付けることができます。自分から家の近所の人たちにあいさつができ、困った様子の人を見かけると声をかけることができるようになりました。自然と、周囲の人が見えるようになった気がします。高校生活はとても楽しいです。仲間や先生方と話す時間が多くなりました。将来はゲームクリエーターになりたい。高校生活をエンジョイしながら、将来に向けて勉強しています。
進学・進路選択コース 鈴木響輝 葛飾区立水元中学校出身

厳しく・熱く・明るい部活。奏者として、人としての“成長”につながります

吹奏楽部は、厳しく・熱く・明るい部活です。本番に向けて、一生懸命に練習に取組みます。本番の時には、“あれだけの練習を積んできたから大丈夫”と、みんなで声を掛け合い、集中して臨みます。演奏の後の達成感は感動モノです。堀越高校を漢字2文字で表すと“成長”。奏者として、人として“成長”を実感することができます。将来の目標は、警察官。子供の頃に迷子になり、助けてくれた婦警さんの笑顔が忘れられません。
進学・進路選択コース 柴﨑理予 中野区立緑野中学校出 

異なる競技の仲間から刺激を受けて成長する

中学1年から本格的にボウリングを始めました。練習場の先輩が堀越高校に入学して全国大会で優勝。私も後を追いかけて入学しました。体育コースは、様々な競技で全国大会を目指す仲間が集まり、種目の壁を越えて話が弾みます。勉強にも、練習にも全力で打ち込む仲間に刺激を受け、日々成長する充実感に満足しています。今の目標は、全国大会優勝。将来はプロボウラーになります。
体育コース 坂本永久 福生市立福生第二中学校出身

あと一歩の壁を突き破り全国大会出場を目指す

昨年6月、八王子総合体育施設が人工芝のグラウンドとなり、サッカー部は最高の環境で練習をすることができます。サッカー部はキャプテンを中心に、生徒自身がメンバー・練習方法・戦術を考えて試合に臨みます。個々のスキルを高め、コミュニケーションを取り、勝利を目指します。ここ数年、あと一歩のところで逃している全国大会出場が、今の大きな目標です。個人的には大学を経てプロの世界で挑戦したいと考えています。
体育コース 西尾太一 江戸川区立東葛西中学校出身

大変だけれど自分で決めた道。
仲間や先生方と会話する時が高校生の自分に戻る時です

能楽師として舞台に立つ機会が多くなり、セリフや装束・道具の名、さらにはお経を覚えるなど、勉強の毎日です。学業との両立は大変ですが、堀越高校は放課後や土曜・日曜の補習など、先生方のサポートが充実しています。あいさつや身だしな みは厳しく指導されますが、大人の世界では当たり前のこと。クラスメイトや先生方と話をする時間が、自分の緊張をほぐす安らぎの時、高校生の自分に戻ることができます。
トレイトコース 奥川恒成 杉並区立神明中学校出身

同じ目標を持つ仲間が集まり充実した毎日を過ごせる場所

プロの活動と高校生活を両立して、充実した毎日を送りたい。トレイトコースには、そんな仲間が集まっています。私は、普通の高校生として過ごすことのできる堀越高校の時間が大好きです。試験に備えて分からない所を教え合ったり、校外学習で過酷な山登りに挑戦したり、仲間と同じ目標に向かって協力したり。進学・進路選択コースにもたくさんの友人ができました。堀越高校を漢字2文字で表現すると“太陽”。とても居心地の良い光が降り注いでいます。
トレイトコース 仲野りおん

メリハリのある学校生活が自分のリズムに合っている

私は流されやすい性格なので、厳しい校則の中で高校生活を送るのがいいと考えて堀越高校を選びました。現在、生徒会の応援委員会で活動しています。先輩も先生方も、明るく・元気で・優しい人ばかりです。楽しむ時は思い切り楽しむ、やる時はやる。そのメリハリが学校生活を心地良いものにしています。委員会の活動がない放課後は、クラスメイトと遅くまで教室でおしゃべりしています。将来は、国語の教師になることが夢です。
育英コース 松林 遥 横浜市立西谷中学校出身

最高の演奏のために何でも話し合える仲間がいる。見守ってくれる先生方がいる

吹奏楽部は、コンクールや演奏会など多くの発表の場があります。練習に練習を重ねて本番に向かいます。練習中に意見が異なることもあります。そんな時は、お互いに納得するまで話し合う。そんな仲間が集まっているから最高の演奏ができ、最高の達成感が得られます。将来の夢は、国語の教師、ユーチューバー、ディズニーランドのキャスト。ちょっと欲張りですが、夢を追いかけます。
育英コース 山本知菜乃 渋谷区立代々木中学校出身

厳しいけれど、温かい指導。安心して学校生活が送れます

堀越高校は、あいさつや身だしなみ、言葉遣いなど様々な指導があり、厳しいと思う人もいるかもしれません。でも、先生方の指導はいつも“生徒のため”。私たちが輝くための指導であり、安心して学校生活を過ごすための指導です。先生方に見守られているから、思いっきり好きなことができる。私は吹奏楽部で充実した日々を送っています。将来は留学して音楽を学びたい。そのためにも、苦手な英語を頑張っています。
育英コース 畑山沙羅 品川区立荏原第五中学校出身

何かしないと、もったいない。大切な仲間と大切な時間

堀越高校の放課後は、クラブ活動や生徒会、校内ゼミなど、仲間や先生と一緒になって夢中になれるチャンスがたくさんあります。私は女子バスケットボール同好会に入り、友達に恵まれて、楽しい毎日を送っています。勉強だけでなく、何かをやらないともったいない。そんな気持ちが湧いてくる学校です。将来は、ペットに関わる仕事をしたい。今を大切にしながら将来への準備も進めていきます。
育英コース 上杉和奏 三鷹市立第四中学校出身

やり遂げる充実感、達成感。
それは高校生活の満足と社会人としての成長につながる

高校3年間で社会人としての常識、あいさつや礼儀などの基盤を身に付けることができるのが堀越高校です。人間関係も大切な要素の一つです。先生や仲間とのコミュニケーションを円滑にして、協力しながら目標達成に全力を尽くすことも大切。様々な学校行事を通して、達成感が得られます。やりたいことは何でもやる、何でもできる、それが堀越高校。将来は体育系の大学に進みたいと考えています。
育英コース 中村泰久 所沢市立上山口中学校出身

諦めるな、立ち上がれ! 柔道も勉強も全力投球

柔道部に所属、都大会出場と黒帯の取得が目標です。将来は、看護系の大学へ進み、看護師になることが夢です。英語が苦手ですが、堀越高校の勉強は基礎から積み上げていくので分かりやすいです。それでもつまずいたら、立ち止まって理解してから進む。何度でも立ち上がり、学ぶ。勉強も柔道も一緒です。先生方は根気強く、親身に教えてくれます。自分が諦めなければ、必ず、前へ進むことができます。
育英コース 島﨑耀音 三鷹市立第四中学校出身
在校生の声
卒業生からのメッセージ
堀越高校で過ごした3年間は充実した3年間でした。いつでも、先生方は相談や質問に対応してくださり、また悩んでいる時には、同級生がいてくれました。そして夢が叶い、私はパティシエとして働いています。
高校生活で学んだことはたくさんありますが、今一番大切にしていることは堀越精神の「礼に始まり礼に終わる」です。
挨拶や言葉遣い、コミュニケーション力などを堀越高校で身につけたおかげで、社会人としての今の自分があります。
2013年度卒 進学・進路選択コース 高屋克哉(ヒルトン東京 パティシエ)
僕は堀越高校で過ごした3年間でとても多くの事を学ばせて頂きました。そして、多くの仲間とも出会いました。目標は違うけれど、一つの夢を叶えようと共に切磋琢磨して来たたくさんの仲間達は、今でも大きな支えとなっています。あまり勉強が得意でなかった僕を、先生方は様々な形でサポートしてくださり、いつも近くで、叱咤激励してくださいました。今でも、僕の立つステージを観にきてくださり応援してくださいます。
僕は堀越高校で学ばせて頂いた事を誇りに思い、心の糧として頑張っています。皆さんも、堀越高校で沢山の事を学び、それぞれの未来へ大きく羽ばたいてください。
2013年度卒 トレイトコース 田中 樹(ジャニーズ事務所 ジャニーズJr.SixTONES(ストーンズ))
堀越高校で過ごした3年間はとても充実した3年間で、勉強も部活も本気で挑戦することができる環境でした。生徒の小さな努力も見逃さず、些細な事でも相談に乗りサポートしてくださる先生方、大会や試合等で欠席してしまう時などにフォローしてくれる友人や日々切磋琢磨できるクラスメイトがいてくれたお陰で有意義な高校生活を送ることができました。そして、挨拶や礼儀、チームワークなど社会生活の基本的な力が高校生活で身につき、仕事現場で生かされています。
高校3年間は楽しいことも悩み苦しむこともあると思います。素敵な先生方や仲間と3年間を過ごしてください。
2012年度卒 体育コース 早船いづみ(ダンサー)