トップ > 学校説明会
学校説明会事務室だより
第3回 学校説明会
2019年度 第3回目の学校説明会を開催しました
10月20日(土)、10時と14時の2回、2019年度 第3回目の学校説明会を開催しました。当日は体育館で全体説明。勝又校長挨拶、生徒によるコース紹介、入試広報部長のお話がありました。その後、個別相談と校内見学が行われました。
参加された皆さんは、高校選びの最終段階ということもあり、個別相談では“自分の成績にあった受験方法”“高校に入ってやりたいこと”など具体的な相談が多く、入試委員の教諭と熱心に話をされていました。また、個別相談の教室以外でも教員や在校生と話をする姿が見受けられました。
10月27日からは学校見学会、11月25日には第4回の学校説明会が開催されます。何度でも足を運び、堀越高校のことを十分に理解していただいたうえで受験校として選んでいただければ幸いです。皆様のご来校をお待ちしています。
【勝又校長】
10月に入り、皆さんにとってはいよいよ志望校を決定する時期となりました。体調管理に努め、しっかりと高校選びと受験に向けての準備をしていただきたいと思います。
堀越高校は、進学校ではありません。校訓“太陽の如く生きよう”の基、明るく活発な高校生活を過ごして、将来、無くてはならない人として成長できる教育を行っています。人としての基本を大切にして個性を伸ばしてください。例えば本校では、登下校の時に校門で一礼。授業の始まりと終わりには、「お願いします」「ありがとうございました」と声に出して挨拶をします。1日1日を大切に、学校生活の中で成長してほしいと考えています。
【在校生によるコース紹介】
進学・進路選択コース、育英コース、体育コース、トレイトコースの生徒が壇上に立ち、司会の先生の質問に応える形式でコースの特徴を紹介しました。
【在校生によるコース紹介】
進学・進路選択コース、育英コース、体育コース、トレイトコースの生徒が壇上に立ち、司会の先生の質問に応える形式でコースの特徴を紹介しました。
■進学・進路選択コース:堀越高校の約7割の生徒が在籍するコース。進学先は大学・専門学校・就職など幅広く、学習環境もすべての生徒に対応するよう整えられています。校則は厳しいと思われがちですが、挨拶や身だしなみなど、社会に出て大切な基本を身に付けるためのもの。第一印象を良くすることができます。大きな特徴として、生徒と先生の距離が近い。これは、しっかりとした信頼関係の上に成り立ち、先生方が親身になって生徒を見守ることから感じることだと思う。自分の担任の先生は、進路指導に熱く、試験や学校生活全般にサポートしてくれる。3年になって学級委員長を任された。第1学期の試験は、皆で話合い“良い点を取る”という目標を掲げた結果、進学・進路選択コースの全クラスで平均点1位を獲得。とても達成感を得られた。堀越高校では試験だけではなく、様々な学校行事で仲間が力を合わせて目標に突き進む。足り遂げる達成感を積み重ねて、成長することができる。
堀越高校を英単語で表現すると“Teach”。先生や仲間から教わることが多い。自分が得意なことは教え、苦手なことが教わる。その繰り返しで人間関係が築かれ、成長することができる。食べ物で表現すると“お弁当”。お弁当の中身はみんな違う。お弁当のように個性が詰まっている学校。毎日、お弁当を作ってくれる保護者の愛情に感謝できる生徒が揃っている。
■育英コース:女子の比率が多く、部活動や生徒会で活躍する人が多い。私は1年生の時から応援委員会に所属。吹奏楽部やダンス部と一緒に、野球やサッカーの応援、その他の学校行事の時には様々なサポートをする。堀越高校の進路指導は、2年生の時に大学・専門学校のキャンパスを訪問して授業を体験、逆に大学・専門学校の先生方が来校して授業を受け機会もある。3年生になると、進路指導部の先生と1対1で面談。自分の将来に向き合う。私は、祖母の畑の収穫を手伝ったことがきっかけで、将来は農業関係の仕事をしたいと考えている。現在、農業系の短大の指定校推薦をいただき、受験に向けて準備を進めている。私は3姉妹で上の二人の姉も堀越高校の卒業生。入学当初は、姉を知っている先生方が話しかけてくれた。“なんてアットホームな学校なんだろう”と思った。良い意味で堀越高校の先生方は、フレンドリー。いつも生徒のことを機にかけて、なんでも話ができる雰囲気を作ってくれる。堀越高校の一番の魅力。。
堀越高校をやさいに例えると“むらさきいも”。堀越高校のメインカラーが紫だから。色で表現すると“黄色”。生徒も先生も、みんな明るい。。
■体育コース:3年間、クラス替えがなく仲の良い仲間が集まるのが体育コースの特徴。1日4時限。その後は、体育授業の代わりに部活動に専念できることで関東大会・全国大会に向けて練習できる。体育コースには、硬式野球部、サッカー部、陸上競技部、ダンス部、テニス部、バドミントン部、水泳部、ボウリング部が在籍。私はダンス部に所属。今夏の大会で東京都1位、全国3位になった。創作ダンスを中心にヒップホップ、チアダンスも行う。文化祭では模擬店を出店。部活動以外にも楽しい思い出をたくさん作ることができる。入学前は校則が厳しいと聞いていたが、普通に生活していればすべてクリアできる。社会に出れば、当たり前のことばかり。堀越高校には社会に出た時に、いろいろな事に耐えることができるような精神力を養い、人生がより一層輝くための教えがある。
堀越高校を漢字一文字で表現すると“家”。とてもアットホームで落ち着く場所。英単語で表現すると“happy”。毎日がとても楽しく、幸せです。
■トレイトコース:芸能・文化・スポーツの世界で活躍する仲間が集まるのがトレイトコース。ホームルームはトレイトの生徒だけで行うが、授業は進学・進路選択コースの生徒と一緒に受ける。テストの時には、仲間とノートをシェア。試験対策ゼミに積極的に参加して、苦手な科目や分からない所を事前に学び直して臨む。試験前には、担任の先生が黒板にメッセージを書いてくれる。先生からの熱いメッセージを楽しみにしている。そして気持ちを高め、テストを乗り越えている。研修旅行は、北海道・沖縄・アメリカ・オーストラリアから希望のコースを選択。自分は北海道へ。トレイトの仲間は外部活動で忙しいが、“研修旅行は全員で行こう”とみんながスケジュールを調整。なんとか最終日に全員揃うことができた。最終日の夜、函館山で先生とクラス全員が記念撮影。とても良い記念になった。
堀越高校を家電で表現すると“冷蔵庫”。家庭に1台、無くてはならない存在。それぞれの食材に対して適温で保存できる。堀越高校は個性豊かな生徒を最適な環境で守ってくれる。
【入試広報部長】
堀越高校の合格の基準は、内申やテストの点数だけではありません。人物本位です。学校説明会や学校見学会で行われる個別相談で必ず、入試委員の教諭と話をしてください。堀越高校の教育方針を知るだけでなく、あなたが堀越高校で何をやりたいのか、どのコースでどんなことを学びたいのか、どんな高校生活を過ごしたいのか、部活動に参加するか等々、皆さんが納得するまで、何回でも個別相談を利用して話をしてください。毎年、個別相談を複数回利用する方がたくさんいます。2回目以降の方は、全体説明を経ずに直接、個別相談を受けることができます。出願の方法や合格の目安なども詳しくお話をします。通知表を持参していただくと、より具体的はお話ができます。
【今後の学校イベント予定】
  • 第4回学校説明会 11月25日(日)10時・14時
  • 学校見学会10月27日(土)~12月9日(日)までの土曜・日曜・祝日 10時・11時・13時・14時、1日4回実施します。(11月25日を除く)
★堀越高校は、こんな受験生を待っています★
  • 人の話に素直に耳を傾けられる人
  • 人の心の痛みがわかる人
  • 時間がかかっても一つのことを最後まで頑張れる人
  • 何事にもポジティブに、夢を持って前向きに取り組める人
  • 高校生活に具体的な目的意識を持っている人