トップ > クラブ活動掲示板トップ  > 記事 
クラブ活動掲示板

2018年12月21日 ボウリング部

大会名:文部科学大臣杯 第25回全国高等学校対抗ボウリング選手権大会
日 時:平成30年12月21日(金)~23日(日)
会 場:川崎グランドボウル

≪予選成績≫

男子の部 
鈴木彪雅(3C1)、坂本永久(2C1b)予選敗退
多田直希(3A1)、八木一樹(2C1b)予選敗退

女子の部
涌井李音(3C1)、野仲美咲(2C1b)
9G計3633(Av201.8)
女子チームは予選2位通過で決勝トーナメント進出

決勝トーナメント
女子1回戦 ○堀越vs●飯山高校(香川県)
女子準決勝 ○堀越vs●釜利谷高校(神奈川県)
女子決勝  ●堀越vs〇福岡第一高校(福岡県)

僅か10ピン差で惜敗。最後まで接戦で非常にいい試合であっただけに優勝を逃したのは悔しい思いとなった。
今年は男女アベック優勝を目指したが、全国大会だけあり男女ともにレベルが高く予選から苦戦を強いられた。男子は残念であったが女子は見事準優勝を果たし、今年も全国大会の表彰台に上がることができた。


2018年10月21日 ボウリング部

大会名:平成30年度東京都高等学校対抗ボウリング競技会
日 時:平成30年10月21日(日)
会 場:高尾スターレーン

≪予選≫
○男子
予選1位Aチーム鈴木彪雅(3C1)、坂本永久(2C1b)
予選4位Bチーム多田直希(3A1)、八木一樹(2C1b)
○女子
予選1位 涌井李音(3C1)、野仲美咲(2C1b)
上記3チームは決勝トーナメント進出

≪予選敗退≫
○男子
予選9位Cチーム髙瀬信昭(2A3)、金子勇輝(2A10)
予選13位Dチーム臼井 塁(2A2)、會田和弘(2A5)

≪決勝トーナメント≫
○男子
1回戦 ●堀越B 多田、八木286vs○青陵382
準決勝 ○堀越A 鈴木、坂本481vs●青陵336
決 勝 ○堀越A 鈴木、坂本432vs●本郷374
○女子
㊗優勝 涌井、野中
女子ハイゲーム249 野中美咲

決勝に進んだ上記3チームは、12月に行われる「文部科学大臣杯全国高等学校対抗ボウリング選手権大会」に出場が決まりました。
この全国大会で、昨年度は女子3位、一昨年度は男子優勝と輝かしい成績を残しているので、今年度はアベック優勝目指して頑張ります。


2018年10月02日 ボウリング部

大会名:第73回国民体育大会 福井しあわせ元気国体
日 時:平成30年10月2日(月)~10月6日(金)
会 場:福井県スポーツプラザWAVE40

≪少年女子個人戦≫
第6位 野仲美咲(2C1b)

≪少年男子団体戦≫
第7位 鈴木彪雅(3C1)

国体で上記2選手が見事入賞を果たした。


2018年07月30日 ボウリング部

大会名:第42回全日本高校ボウリング選手権大会
日 時:平成30年7月30日(月)~8月1日(水)
会 場:川崎グランドボウル

≪予選通過≫
女子 涌井李音(3C1)
男子 鈴木彪雅(3C1)

≪決勝≫
女子全国12位 涌井李音(3C1)12G2372(Av197.7)
男子全国25位 鈴木彪雅(3C1)12G2426(Av202.1)

≪予選敗退≫
多田直希 (3A1)・定家英昂 (3A5)
髙瀬信昭 (2A3)・野仲美咲(2C1b)
坂本永久(2C1b)・八木一樹(2C1b)

男女合わせて8名が全国大会出場を果たしたが、全国の壁は厚く予選通過者は2名に終わった。予選を勝ち抜いた涌井と鈴木は、大きく崩れることはなかったが、レーンコンディションに苦しみ、思うようにスコアを伸ばすことができなかった。今回の経験を冬の全国学校対抗戦につなげていきたい。


2018年06月11日 ボウリング部

大会名:東京都ジュニアボウリング選手権大会
日 時:平成30年6月11日(日)
会 場:東大和グランドボウル

≪予選通過≫
野仲美咲(2C2b) 涌井李音(3C1)
鈴木彪雅(3C1)  坂本永久(2C2b)
多田直希(3A1)

≪決勝≫
優勝 野仲美咲 9G 1972(Av219.1)
10位 涌井李音 9G 1666(Av185.1)
11位 鈴木彪雅 9G 1666(Av185.1)
12位 坂本永久 9G 1659(Av184.3)
18位 多田直希 9G 1512(Av168)
㊗野仲・涌井・鈴木・坂本・多田の5名
は、7月末から行われる全国大会への出
場が決まりました!!

≪予選敗退≫
木村友哉(3A3) 定家英昂(3A5)
荒幡拓以(3A5)  佐藤 煕(3A8)
八木一樹(2C1b) 髙瀬信昭(2A3)