堀越高等学校
堀越高等学校
クラブ活動掲示板
トップ > クラブ活動掲示板トップ  > 記事 

大会名 平成28年度全国高等学校総合体育大会テニス競技大会
日 時 8月1日(月)~8日(月)
会 場 島根県 松江市営庭球場・安来運動公園庭球場

《試合結果》
女子団体戦
○出場選手:坂本はな・李 淑玲・力石優衣・フリアント エイミ(3C1)
2回戦 3-0 鳥栖商
3回戦 1-2 大商学園   Best16

女子シングル
○力石優衣(3C1)
1回戦 9-7 高松桜井
2回戦 7-9 鳳凰
○李 淑玲(3C1)
1回戦 8-4 聖霊短大付
2回戦 6-8 椙山女学園
○坂本はな(3C1)
2回戦 4-8 城南学園

女子ダブルス
○坂本はな・李 淑玲(3C1)
1回戦 8-4 札幌日大
2回戦 8-5 大聖寺
3回戦 8-5 浦和学院
4回戦 4-8 沖縄尚学   Best16

LINE

大会名 平成27年度 第55回東京都高等学校テニス選手権大会
日 時 5月10日~5月17日
会 場 有明テニスの森 小金井公園テニスコート

《試合結果》
◎女子団体戦 (第4シードのため5回戦より出場)
・5回戦  対都立南多摩 2勝0敗
ダブルス     力石優衣・フリアントエイミ 6-2
シングルス1 坂本はな 6-0
・6回戦  対聖心 2勝0敗
ダブルス     季 淑玲・福徳里彩 6-1
シングルス1 力石優衣 6-1
・準々決勝  対慶応女子 2勝0敗
ダブルス     季 淑玲・フリアントエイミ 6-0
シングルス1 坂本はな 6-3
・準決勝  対早稲田実業 0勝2敗
ダブルス    季 淑玲・フリアントエイミ 5-7・0-6
シングルス1 坂本はな 4-6・3-6
・3位決定戦  対富士見が丘 2勝0敗
ダブルス     季 淑玲・福徳里彩 6-4
シングルス1 力石優衣 6-4
※以上の結果団体戦は関東大会出場決定
◎男子団体戦 (第4シードのため5回戦より出場)
・5回戦  対共栄学園 3勝0敗
ダブルス   倉持侑希・野村京介 7-6(5)
シングルス1 福島  晴 6-3
シングルス2 石坂樹紀 6-1
・6回戦  対明大中野八王子 2勝0敗
ダブルス   倉持侑希・田中春吉 6-3
シングルス1 福島  晴 6-3
・準々決勝  対早稲田実業 2勝1敗
ダブルス   倉持侑希・田中春吉 0-6
シングルス1 福島  晴 6-1
シングルス2 石坂樹紀 6-0
・準決勝  対大成 0勝2敗
ダブルス     野村京介・田中春吉 0-6・1-6
シングルス1 福島 晴 3-6・4-6
・3位決定戦
ダブルス   倉持侑希・野村京介 5-7
シングルス1 福島  晴 6-1
シングルス2 石坂樹紀 6-2
※以上の結果団体戦は関東大会出場決定

LINE

大会名 平成27年度 第55回東京都高等学校テニス選手権大会
日 時 4月19日~5月6日
会 場 有明テニスの森 小金井公園テニスコートほか都内各会場校テニスコート

《試合結果》
◎個人戦シングルス
予選出場 菅野貴博(3A5)、小林茉美(3A6)
予選2R 梶山祐治(3A3)、川上怜那(3A3)、後藤遥菜(2A1)
予選4R 吉盛 廉(3A4)
予選5R 太田圭斗(1C1)、藤井豪寿(1C1)
本選進出 田中春吉(3C1)、野村京介(3C1)、平岡花梨(1C1)
本選2R 倉持侑希(3C1)
本選3R フリアントエイミ(2C1)
本選4R(ベスト16)
石坂樹紀(3C1)、福島 晴(3C1)、力石優衣(2C1)、福徳里彩(1C1)
準々決勝(ベスト8)坂本はな(2C1)、李 淑玲(2C1)
※坂本、李は関東大会出場決定。インターハイ代表決定戦出場

◎個人戦ダブルス
予選出場 川上乃流(3A5)、吉岡来夢(3A5)、木目田貴史(2A7)、加藤奨梧(2A7)
川上玲那(3A3)、山本沙希(3A8)、平地萌夏(3A1)、内藤  萌(2A7)
予選3R 石井遥平(2A6)、井上一幸(2A7)
予選5R 石坂樹紀(3C1)、倉持侑希(3C1)
本選2R 田中春吉(3C1)、福島  晴(3C1)、野村京介(3C1)、太田圭斗(1C1)
李 淑玲(2C1)、坂本はな(2C1)
本選準々決勝進出
力石優衣(2C1)、福徳里彩(1C1)、フリアントエイミ(2C1)、平岡花梨(1C1)

LINE

大会名 東京都高等学校テニス選手権大会女子団体戦
日 時 5月17日(土)・18日(日)
会 場 有明テニスの森

女子団体戦で9年ぶりにインターハイ出場決定

5月17日・18日、有明テニスの森において東京都高等学校テニス選手権大会女子団体戦の5ラウンドから決勝戦、順位決定戦が行われました。この大会は6月の関東高等学校テニス選手権大会と8月の全国高等学校対抗テニス大会(インターハイ団体戦)の東京都予選を兼ねており、上位4校に関東大会、上位3校にインターハイ団体戦への出場権が与えられます。
本校はシードされていたので17日5ラウンドの明星学苑戦が今大会の初戦。多少の緊張は見られたものの3試合全勝で6ラウンドへ。次の玉川学園戦も2対0で勝利し、関東大会出場権をかけての準々決勝の東京高校戦に臨みました。ここまで勝ち進むと相手もシード校なのでこれまでの2戦のように優位に対戦を展開することができませんでしたが、シングルス1の福田(2C1) の粘り強さとシングルス2の力石(1C1)がチームに勢いを与える勝利で7年ぶりの関東大会出場権を獲得しました。
18日の初戦はインターハイ出場を懸けた準決勝。相手は「インターハイ団体5連覇」をめざす富士見丘高校。ダブルスで出場した李・坂本ペア(1C1)が2時間半以上にわたる善戦も及ばず、0勝2敗で敗退。
午後からの「インターハイ最後の一枠」を懸けた3位決定戦の相手は、大成高校。力石・坂本ペアのダブルスは善戦及ばず勝利することができなかったが、シングルス1はエース福田が圧勝し、対戦成績は1勝1敗。インターハイの懸ったシングルス2に登場した李はファーストセットを奪われてしまうものの、そこからものすごい粘りで反撃。セカンドセットをタイブレークで奪い返すと続くファイナルセットも異常なまでの粘りで相手を振り切り、9年ぶりとなるインターハイ団体出場権を獲得しました。
この結果、今年度のインターハイ「煌めく青春 南関東総体2014」に女子団体戦と、先に出場を決定している男子シングルス1名、女子シングルス3名の出場が決定し、男子ダブルスが1ペア、来月15日の東京都代表決定戦に臨むことになっています。

■インターハイ、関東大会女子団体戦出場メンバー
福田詩織(2C1)、李 淑玲、力石優衣、フリアントエイミ、坂本はな(以上1C1)
■インターハイ、関東大会女子シングルス出場選手
福田詩織(2C1)、李 淑玲、力石優衣(以上1C1)
■インターハイ、関東大会男子シングルス出場選手
甲斐直昇(2C1)
■関東大会男子ダブルス出場選、インターハイ東京都代表決定戦出場選手
甲斐直登、石坂樹紀ペア(2C1)

LINE

大会名 海外遠征 海外遠征 NZITF Summer Championships 2014
日 時 2月10日(月)~13日(木)
会 場 Scarbro Tennis Centre ニュージーランド オークランド

《試合結果》
シングルス
1回戦 甲斐直登(JPN:日本)6-0・6-1 Yanni WETZELL (NZL)
2回戦 Naoto KAI(JPN)4-6・5-7 Kody PEARSON (AUS)
※ベスト32

ダブルス
1回戦 Naoto KAI・Kyohei YAMANAKA(JPN)6-2・6-3 Sergey BELOV(NZL)・Jason PIMENTA(NZL)
2回戦 Naoto KAI・Kyohei YAMANAKA(JPN)3-6・3-6 Alex DE MINAUR(AUS)・Michell HARPER(AUS)
※ベスト16

★海外遠征に行かせて頂き、本当にありがとうございました。自分としては不本意な結果となりましたが、「現状の実力である」と認識しました。今後は「常にチャレンジャー」として練習・試合に取り組みたいと考えます。(甲斐直登)

LINE
1 ページ目 / 7ページ1234567

▲ページの上に戻る

Copyright (C) 2016 Horikoshigakuen. All Rights Reserved.