堀越高等学校
堀越高等学校
クラブ活動掲示板
トップ > クラブ活動掲示板トップ  > 記事 

2017年03月19日 ヒップホップ同好会

大会名:TECHNOS DANCE PARK vol.5
日  時:3月19日(日)
会  場:東京工学院専門学校

3月19日に、東京工学院専門学校で行われた「TECHNOS DANCE PARK vol.5」に1年生8名、2年生6名の計14名で出場しました。
今回の作品は、全て自分たちで作りあげました。作品のテーマは「Change」で、前半は女性ヴォーカルの曲で男子生徒も女性になりきって踊り、後半は男性ヴォーカルの曲で、1年生も交じりカッコよく踊りました。全体的にHIPHOPそのもの味を活かした作風で、中盤のソロパートでは各々の個性が光り会場も盛り上がりました。本選後には、会場中にクラブミュージックが流れ、お互いのチームがダンスを通じてコミュニケーションを取れる“ダンスバトル”が設けられており、生徒たちも参加しダンスを楽しんでいました。
結果は、残念ながら賞をいただくことはできませんでした。今回は、両学年が一緒に立つ初めてのステージで練習を重ねるうちにチームワークも更に深まりました。どのチームもレベルが高く、圧倒されるステージばかりで勉強になりました。この経験が今度の糧になっていく事と思います。応援して頂いた、多くの方々に感謝申し上げます。

【出場メンバー】
久米千夏(2A1)・木村脩人(2A3)・大山正太郎(2A5) 橋本琴音・神戸友耀(2A6)・篠根優斗(2A9)
阿部葉月・角川千咲乃(1A2)・長沼瑠偉(1A4) 
滝沢由佳・土淵恵理奈(1A8)・大山楓(1A9)
田村大地・山田純之介(1A10)


2017年03月12日 ヒップホップ同好会

大会名:DANCE DRILL SPRING FESTIVAL Challenge Cup
日  時:3月12日(日)
会  場:駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

3月12日に駒沢オリンピック公園総合運動場体育館で行われた「Dance Drill Spring Festival Challenge Cup」に1年生男女合同7名で出場しました。堀越高校HIPHOP同好会としては初めての参加です。
今回の大会出場の目的は、1学年の絆作り及び技術向上です。この大会の特徴は、各チームが点数制で評価され、その点数によって全てのチームが金賞・銀賞・銅賞を頂けます。他のチームとの比較ではなく、自分たちが頑張った分だけ形となって評価されます。作品は、生徒自ら曲と振付を作り、当初予定していた練習日以外にも追加練習を設けるなどして熱心に練習に取り組みました。
結果は、銀賞を頂くことができました。今回、大会に向けてこのメンバーで練習し、出場した経験が個々のダンスへの想いを再確認する機会となりました。この経験が今後の活動の糧になっていくことと思います。応援していただいた多くの方に感謝申し上げます。

≪出場メンバー≫
阿部葉月・角川千咲乃(1A2)・長沼瑠偉(1A4)
滝沢由佳・土淵恵理奈(1A8)
田村大地・山田純之介(1A10)


2016年08月03日 ヒップホップ同好会

大会名 第9回日本高校ダンス部選手権 DANCE STUDIUM
日 時 8月3日(水)
会 場 神奈川県民ホール

8月3日に神奈川県民ホールで行われた「第9回 日本高校ダンス部選手権 DANCE STADIUM 関東・甲信越大会(予選)」に8年連続で出場し、今年も1~3年の男女合同20名で“BIGクラス”に出場しました。
5年連続で外部コーチを招き、今年も作品自体にはテーマやストーリをあえて作らず、HIPHOPそのものの味を活かした作風で勝負しました。衣装は、使用曲のイメージである“軍隊”をモチーフにし、前半はダークな曲調でカッコよさを、また終盤はノリの良い曲調で楽しさを表現して踊りました。大会出場にあたりオーディションも行い、今年は技術面だけではなくダンスへの熱量・成長も加味した上でメンバーを決定しました。未経験者も多く、与えられたダンスを踊りこなし更に個々の表現力を高めることがなかなか難しい課題でしたが、「最後まで諦めたくない」とお互いに模索しながらも懸命に練習に取り組みました。
残念ながら全国大会出場の切符を掴むことはできませんでしたが、個々のダンスへの想いを再確認する良い機会となりました。この経験が今後の活動の糧になっていくことと思います。応援していただいた多くの方々に感謝申し上げます。

【出場メンバー】
小林彩香(3A7)、中里理菜(3A7)、中村奈々美(3A7)、永島悠雅(3A8)、伊藤賢正(3A9)、高橋
洸(3A9)、久米千夏(2A1)、島田郁貴(2A1)、中釜菜々子(2A2)、木村脩人(2A3)、鶴谷亜美(2A5)、
大山正太郎(2A5)、五月女真子(2A6)、橋本琴音(2A6)、湯沢絵麻(2A6)、神戸友耀(2A6)、植
木あみ(2A7)、篠根優斗(2A9)、池澤純奈(2A11)、前畑りま(1A6)


2015年08月05日 ヒップホップ同好会

大会名 第8回日本高校ダンス部選手権 DANCE STADIUM
日 時 8月5日(水)
会 場 神奈川県民ホール

《出場メンバー》
本宮颯子(3A2)、田邉  唯(3A7)、加藤紗弥(3A1)、仲里理菜(2A4)、小林彩香(2A7)、中村奈々美(2A10)、髙橋洸希(2A5)、永島悠雅(2A6)、久米千夏(1A2)、植木あみ(1A3)、海沼流星(1A6)、橋本琴音(1A8) 計12名

8月5日に、神奈川県民ホールで行われた「第8回 日本高校ダンス部選手権DANCE STADIUM 東日本地区予選」に7年連続で出場し、今年も1,2,3年生の男女合同12名でBIGクラスに出場しました。
今年度も、4年連続で外部コーチを招き指導をしていただきました。今回は去年とは全く違うジャズヒップホップに挑戦し、衣装も曲の終盤に早着替えが出来るような工夫を入れました。BIGクラスの中では人数が少なく、一人ひとりの踊りのスキルが試される作品になりましたが、「明日も頑張ろう!」と見ている方へエールを込めた作品だったので、表現力を活かして12名全員でアピールすることができました。
全国大会出場を目指して取り組んできましたが、一歩及ばず全国大会出場のキップを掴むことができませんでしたが、この悔しさをバネにし、来年に向けて一生懸命取り組んで行きたいと思っています。応援してくださった皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。


2014年07月25日 ヒップホップ同好会

大会名 第7回日本高校ダンス部選手権 Fit’s DANCE STADIUM
日 時 7月25日(金)・8月19日(火)
会 場 渋谷公会堂【地区予選】・パシフィコ横浜 国立大ホール【全国大会】

【出場メンバー】
渕井理紗(3A1)・五十嵐柚香(3A1)・倉本胡桃(3A1)・森田芽衣(3A1)・石田杏衣(3A1)・石田麻衣(3A2)・木戸朝日輝(3A2)・田中繁貴(3A2)・小林穂乃花(3A5)・塚本由香里(3A6)・岩田龍之介(3A6)・得能泰河(3A8)・中村朱里乃(2A1)・村中優葵乃(2A1)・加藤紗弥(2A2)・本宮颯子(2A2)・田邉唯(2A7)・仲里理菜(2A5)
7月25日に、渋谷公会堂で行われた「第7回 日本高校ダンス部選手権 Fit’s DANCE STADIUM 東日本地区予選 Cブロック」に6年連続で出場し、今年も1・2・3年生の男女合同18名で「BIGクラス」に出場しました。
3年連続で外部コーチを招き、今年は作品自体にはテーマやストーリーをあえて作らず、HIPHOPというジャンルそのものの味を活かした作風で勝負しました。衣装は青いキャップに自分たちでオリジナルに加工したベースボールシャツを使い、前半は少しダークなカッコよさを、また終盤はパーティーの雰囲気をイメージした楽しさを全力でアピールして踊りました。BIGクラスの中では人数が少なく、なかなか迫力が出ないのが課題でした。しかし、声を揃え、互いの目を見るといった舞台上でのコミュニケーションを大切にし、皆で1つの作品を作り上げ、一体感を印象づけることが出来ました。
そして8月19日にパシフィコ横浜 国立大ホールで行われた「第7回 日本高校ダンス部選手権「Fit’s DANCE STADIUM全国大会」に2年ぶり2回目の出場を果たしました。各地区予選を勝ち抜いたチーム、BIGクラス39校・SMALLクラス24 校が集結して、BIGクラス6校・SMALLクラス4 校の入賞を目指し本校も予選以後休みなく練習を続けました。全国の大舞台で存分に力を出し切りましたが、結果は残念ながら入賞を果たすことは出来ませんでした。全国の舞台は非常にレベルが高く、圧倒されるステージばかりで、大変勉強になる舞台でした。年々、規模が大きくなっている本大会。その大会に出場できたことは今後の励みになりました。応援して頂いた、多くの方々に感謝申し上げます。


1 ページ目 / 2ページ12

▲ページの上に戻る

Copyright (C) 2017 Horikoshigakuen. All Rights Reserved.