堀越高等学校
堀越高等学校
クラブ活動掲示板
トップ > クラブ活動掲示板トップ  > 記事 

大会名 秋季東京都高等学校野球大会 2回戦
日 時 10月15日(土)
会 場 江戸川区球場

《試合結果》

校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
堀越  0 0 3 0 0 0 0 0 0 3
城西大城西 0 1 0 1 2 0 0 0 4

投 手 関口(2C2)→小出(2C2)→原島(2C2)
捕 手 神保(2C2)
二塁打 谷山(2C2)

2回戦は城西大城西高校との対戦となる。初回本校はワンアウトから熊谷(2C2)、谷山(2C2)の連打で一二塁のチャンスを作るが、後続が連続三振に倒れ0点に終わる。本校先発の関口(2C2)は、2四球を与えるが0点に抑えるなど無難な立ち上がりを見せる。しかし、制球の定まらない関口は2回に2つの四球とエラーでワンアウト満塁のピンチを招き、右翼への犠牲フライを打たれノーヒットで1点を失う。本校は、3回表、先頭の根津(1C1a)、鈴木(2C2)、熊谷(2C2)の三連打でノーアウト満塁のチャンスを作ると、谷山が左中間へ走者一掃の二塁打を放ち、3-1と逆転に成功する。しかし、続くチャンスに後続を打ち取られ、この回3点止まりとなる。関口はその後もピリッとせず、4回裏に2つの四球とセンター前ヒットで1点を失ってしまう。本校はこの回から小出(2C2)をマウンドに送りピンチを凌ぐが、その小出が5回裏に逆転の2点本塁打を打たれ、逆転されてしまう。その後、6回から原島(2C2)が登板し、相手チームを何とか無得点に抑えるが、逆に本校は相手投手に要所を抑えられ、その後も得点を挙げることができず、結局、相手打線を上回る11安打を放ちながら3点に抑えられ、3-4で逆転負けを喫してしまう。
この結果、本校は残念ながら本大会2回戦で姿を消すこととなる。この悔しさを忘れることなく、来年の春の都大会、そして夏の甲子園出場を目指して努力していきたい。

LINE

大会名 秋季東京都高等学校野球大会 1回戦
日 時 10月10日(月)
会 場 江戸川区球場

《試合結果》

校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
目白研心  0 0 0 0 0 2 0 1 0 3
堀越 1 1 2 1 1 0 1 0 7

投 手 原島(2C2)→小出(2C2)
捕 手 神保(2C2)
三塁打 刈谷(2C2)
二塁打 刈谷(2C2)、神保(2C2)、谷山(2C2)、内田(2C2)

本大会初戦、緊張感の中試合が始まる。本校先発の原島(2C2)は初回を三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せる。先取点の欲しい本校は、初回ツーアウトから谷山(2C2)の死球とこの日4番に入った刈谷(2C2)のライト線を破る二塁打で先制点を奪う。続く2回にも小松(2C2)がレフト前ヒットで出塁、続く神保(2C2)の二塁打の間に小松が本塁を狙うがタッチアウト。しかし、ツーアウトから根津(1C1a)のセンター前ヒットで1点を追加。さらに3回には谷山、刈谷、内田(2C2)の3連続二塁打で2点を追加する。4回には相手の中センターのエラーで1点を追加、5回には内田、小松の連打でワンアウト三塁のチャンスを作ると神保のセンターへの犠牲フライで1点を奪い6-0とし、本校は完全に試合の流れをつかむ。しかし、6回に2点を返されると、流れが目白研心に傾きだす。七回には刈谷の三塁打と内田のレフト前ヒットで1点を追加するが、その後の満塁のチャンスを併殺打で潰してしまう。八回は相手にワンアウト二三塁からセンター前ヒットで1点を与えてしまい、尚もピンチが続くが、小出(2C2)が登板し、ピンチを切り抜けた。小出は最終回を三者凡退で打ち取り、終わってみれば7-3で勝利する。

LINE

大会名 秋季東京都高等学校野球大会第1次予選 ブロック代表決定戦
日 時 9月18日(日)
会 場 堀越球場

《試合結果》

校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
芝浦工大高  0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
堀越 1 1 0 0 2 0 0 2 6

投 手 関口(2C2)
捕 手 神保(2C2)
本塁打 刈谷(2C2)
二塁打 谷山(2C2)

1回戦を強豪、世田谷学園に勝利した本校は、第14ブロック代表決定戦で芝浦工大高と対戦する。初回、本校は先頭打者の鈴木(2C2)がライト前ヒットで出塁、送りバントでワンアウト二塁のチャンスを作ると、谷山(2C2)のレフト線への二塁打で1点を先制する。本校先発の関口(2C2)は初回から3回までをノーヒットの三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せる。2回には刈谷(2C2)の本塁打で1点を追加し、5回にはワンアウト一三塁から小松(2C2)のセンター前ヒットで1点、次打者のサードゴロの間に1点を追加し、4-0として試合の主導権を握る。
5回にノーアウト一三塁のチャンスから根津(1C1a)のセンター前ヒットと神保(2C2)のレフトへの犠牲フライでさらに2点を追加する。
関口は最終回の先頭打者に安打を許すが、次打者をサードゴロ併殺に打ち取り、終わってみれば散発の4安打完封、6-0で芝浦工大高に勝利する。本校は4年連続でブロック代表となり、秋季東京都高等学校野球大会本大会への出場を決める。

LINE

大会名 秋季東京都高等学校野球大会第1次予選 1回戦
日 時 9月3日(土)
会 場 堀越球場

《試合結果》

校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
世田谷園  0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
堀越 3 1 0 0 2 1 0 0 6

投 手 原島(2C2)→関口(2C2)
捕 手 神保(2C2)
本塁打 小松(2C2)
三塁打 神保(2C2)、谷山(2C2)

ブロック戦初戦でやや硬さが見られる本校ナインであったが、先発投手の原島(2C2)は初回を三者凡退に打ち取り、上々の滑り出しを見せる。先取点の欲しい本校は、先頭打者が相手のショートのエラーで出塁し、熊谷(2C2)のバントヒットでチャンスを作ると、相手ショートの悪送球で無死満塁とする。小松(2C2)が押し出しの四球を選び、まず1点を先制。内田(2C2)レフト前ヒットで1点、次打者のショートゴロの間に1点を追加し、この回3点を奪い序盤からリードする展開となる。本校は2回裏にも神保(2C2)が左中間を破る三塁打で出塁すると、鈴木(2C2)がレフト前ヒットを放ち、1点を追加。5回裏にも先頭打者の熊谷が死球で出塁し、谷山(2C2)の右中間を破る三塁打で1点、小松のセンター前ヒットで1点を追加し、6-0とリード広げる。先発の原島は5回まで相手打線を2安打無失点に抑えていたが、6回ツーアウトから4連打され2点を失い、尚もツーアウト満塁のピンチ。ここで二番手として関口(2C2)がマウンドに上がり、関口はライト前ヒットを打たれ3点目を与えるが、次打者を三振に取りピンチを凌ぐ。7回には、ツーアウト二塁からライト前ヒットを打たれるが、ライト内田の本塁への好返球でピンチを凌ぎ、相手に追加点を与えない。相手は6回に3人目の投手を投入するが、本校4番小松の本塁打で追加点を奪う。関口は8回、9回の相手打線を無失点に抑え、ブロック初戦を突破する。

LINE

大会名 第98回全国高等学校野球選手権大会 東東京大会 4回戦
日 時 7月16日(土)
会 場 神宮球場

《試合結果》

校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
堀越 0 0 0 0 0 1 2 0 1 4
関東第一 0 0 2 0 2 0 0 0 2☓ 6

投 手 佐藤大(3C2)→関口(2C2)→秋山(3C2)
→原島(2C2)
捕 手 木村(2C2)
本塁打 秋田(3C2)

4回戦は昨年の優勝校で、春の選抜甲子園に出場した関東第一高校との対戦となる。関東一校は新チーム結成以来、東京都の大会では負けていない優勝候補筆頭の強豪である。本校は初回、鈴木海(3C2)が左前安打を放つが後続が倒れ無得点。一方、本校先発のエース佐藤大(3C2)も無難な立ち上がりを見せ、序盤の2回までそれぞれ1安打ずつで互角の様相。3回裏に試合は動き出す。佐藤大はこの回の先頭打者に中前安打を許すが、次打者をキャッチャーフライからゴロになった打球を木村(3C2)が処理し併殺を奪う。その後四球を足がかりに相手の3・4番に連続適時打を許し、2点を失ってしまう。5回裏にも二死から連続安打を許し、次打者に適時二塁打を打たれ4点を奪われ、主導権を握られる。しかし、本校は6回表に二死から佐藤洸(3C2)が死球で出塁するとすかさず盗塁し、チャンスを作る。このチャンスに重松(3C2)が左前適時打を放ち1点を返す。7回表には、高山(3C2)が右前安打で出塁し、一死から代打谷山(2C2)の当たりが三塁内野安打となり1・2塁、二死後、矢口(3C2)の中前安打で満塁とし、鈴木海のピッチャーゴロは一塁への悪送球となり、2点を奪ってその差が1点差へと迫る。
本校は6、7、8回を佐藤大から関口(2C2)、秋山(3C2)への継投で関東第一の攻撃を凌ぎ、最終回の攻撃を迎える。この回先頭の秋田(3C2)が、起死回生の右翼越本塁打を放ち、堀越の意地を見せ4対4の同点とする。
最終回のマウンドには原島(2C2)が登り、一死から死球を与えるが送りバントで二死2塁となり、相手3番打者を迎える。ここで原島の投じた2球目を右翼に運ばれ、劇的なサヨナラ本塁打となってしまう。
甲子園に出場している強豪校に対し、互角の戦いをしたとはいえ、非常に悔しい敗戦となってしまう。しかし、3年生諸君の最後まで諦めない姿勢と健闘を讃えるとともに、1・2年生の新チームには、この悔しさを晴らすべく、選抜出場をかけた秋季大会での優勝を目指して頑張りたい。応援をしていただいた全ての方々にこの場をお借りして感謝をしたい。

LINE
1 ページ目 / 12ページ123456789101112

▲ページの上に戻る

Copyright (C) 2016 Horikoshigakuen. All Rights Reserved.