堀越高等学校
堀越高等学校
クラブ活動掲示板
トップ > クラブ活動掲示板トップ  > 記事 

2014年05月17日 テニス部

大会名 東京都高等学校テニス選手権大会女子団体戦
日 時 5月17日(土)・18日(日)
会 場 有明テニスの森

女子団体戦で9年ぶりにインターハイ出場決定

5月17日・18日、有明テニスの森において東京都高等学校テニス選手権大会女子団体戦の5ラウンドから決勝戦、順位決定戦が行われました。この大会は6月の関東高等学校テニス選手権大会と8月の全国高等学校対抗テニス大会(インターハイ団体戦)の東京都予選を兼ねており、上位4校に関東大会、上位3校にインターハイ団体戦への出場権が与えられます。
本校はシードされていたので17日5ラウンドの明星学苑戦が今大会の初戦。多少の緊張は見られたものの3試合全勝で6ラウンドへ。次の玉川学園戦も2対0で勝利し、関東大会出場権をかけての準々決勝の東京高校戦に臨みました。ここまで勝ち進むと相手もシード校なのでこれまでの2戦のように優位に対戦を展開することができませんでしたが、シングルス1の福田(2C1) の粘り強さとシングルス2の力石(1C1)がチームに勢いを与える勝利で7年ぶりの関東大会出場権を獲得しました。
18日の初戦はインターハイ出場を懸けた準決勝。相手は「インターハイ団体5連覇」をめざす富士見丘高校。ダブルスで出場した李・坂本ペア(1C1)が2時間半以上にわたる善戦も及ばず、0勝2敗で敗退。
午後からの「インターハイ最後の一枠」を懸けた3位決定戦の相手は、大成高校。力石・坂本ペアのダブルスは善戦及ばず勝利することができなかったが、シングルス1はエース福田が圧勝し、対戦成績は1勝1敗。インターハイの懸ったシングルス2に登場した李はファーストセットを奪われてしまうものの、そこからものすごい粘りで反撃。セカンドセットをタイブレークで奪い返すと続くファイナルセットも異常なまでの粘りで相手を振り切り、9年ぶりとなるインターハイ団体出場権を獲得しました。
この結果、今年度のインターハイ「煌めく青春 南関東総体2014」に女子団体戦と、先に出場を決定している男子シングルス1名、女子シングルス3名の出場が決定し、男子ダブルスが1ペア、来月15日の東京都代表決定戦に臨むことになっています。

■インターハイ、関東大会女子団体戦出場メンバー
福田詩織(2C1)、李 淑玲、力石優衣、フリアントエイミ、坂本はな(以上1C1)
■インターハイ、関東大会女子シングルス出場選手
福田詩織(2C1)、李 淑玲、力石優衣(以上1C1)
■インターハイ、関東大会男子シングルス出場選手
甲斐直昇(2C1)
■関東大会男子ダブルス出場選、インターハイ東京都代表決定戦出場選手
甲斐直登、石坂樹紀ペア(2C1)


▲ページの上に戻る

Copyright (C) 2017 Horikoshigakuen. All Rights Reserved.