モバイル版
堀越高等学校 堀越高校TOPページ
学校の理念 4つのコース クラブ活動 校内ゼミ 学園生活 スクールカレンダー 進路指導 生徒たちの声 交通アクセス
トップ > クラブ活動掲示板トップ  > 記事 

2019年03月17日 硬式野球部

大会名:春季東京都高等学校野球大会 ブロック予選 1回戦
日 時:3月17日(日)
会 場:堀越球場

校 名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
堀 越 0 3 0 0 0 0 4 7
日比谷 0 0 0 0 0 0 0 0

【バッテリー】海野(3C2)高橋(3C2)-渡辺(2C1a)
【二塁打】久保田(3C2)【三塁打】西村(3C2)
【本塁打】なし
初回から2番鈴木(3C2)、3番山田(3C2)の連続安打でチャンスを作るも、初戦の力みを感じる内容で後続が凡退してしまう。2回は1死2塁から8番渡邉(2C1a)のセンター前ヒットで先制点を奪うと1番今野(3C2)のヒットなどでチャンスを広げ、その後相手のミスが続きこの回3点を先制する。3回から6回までは毎回のように得点圏にランナーを進めるがあと1本が出ず追加点が奪えない。試合が動いたのは7回、5番西村(3C2)の3塁打を皮切りに、6番久保田(3C2)、7番高橋(3C2)、8番渡邉の4連続ヒットと1番今野のセンター前へのタイムリーヒットに相手のミスが重なり一挙4点を奪い7点差とした。
守っては先発投手の海野(3C2)が6回まで被安打1、与四球1、奪三振8、と全く失点する気配を見せない安定した投球で日比谷打線の反撃を封じる。最終回はレフトで出場していた高橋が登板し味方のミスなどでピンチとなるが、後続を落ち着いて抑え、大会規定により7回コールドで勝利した。
チャンスで1本が出ず、ストレスのたまる試合展開ではあったが、最終的にはコールドで試合を決めることができた。昨年の秋の大会ではブロック予選の1回戦で敗戦してしまっているため、選手たちにとっては嬉しい公式戦の初勝利となった。この勢いでブロック予選を突破し、本大会へ弾みをつけていきたい。