モバイル版
堀越高等学校 堀越高校TOPページ
学校の理念 4つのコース クラブ活動 校内ゼミ 学園生活 スクールカレンダー 進路指導 生徒たちの声 交通アクセス
トップ > クラブ活動掲示板トップ  > 記事 

2019年03月21日 硬式野球部

大会名:秋季東京都高等学校野球大会 ブロック予選 代表決定戦
日 時: 3月21日(木)
会 場:堀越球場

校 名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
堀 越 0 3 0 0 0 1 2 0 1 7
多摩大聖ヶ丘 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2

【バッテリー】海野(3C2)-渡辺(2C1a)
【二塁打】なし【三塁打】なし【本塁打】井上
初戦と同じく先攻を取り、初回からチャンスを作る。先頭の1番今野(3C2)がレフト前ヒットで出塁すると、2度盗塁し3塁まで進む。しかし、初戦と同じくあと1本が出ず初回には先制点を奪うことができない。本校の先発投手はエースの海野(3C2)。海野(3C2)は初回を三者凡退に抑え、守備から攻撃のリズムを作る。2回の攻撃、7番高橋(3C2)がライト前ヒットで出塁すると9番の海野(3C2)のレフト前タイムリーヒットで先制点を奪う。さらに1番の今野(3C2)がレフト前ヒットで続き1点、2番鈴木(3C2)の併殺崩れの間にさらに1点、この回合計で3点を奪う。投手の海野は4回に相手3番打者からソロホームランを打たれるものの、前の試合同様安定したピッチングを見せる。本校は6回にヒットで出塁した7番高橋を1番海野の犠牲フライで返し1点。7回に3番山田陽龍(3C2)が四球で出塁し、4番井上(3C2)がレフトへツーランホームランを放ち2点を追加する。8回に相手の8番9番の連打で1点を失うものの、直後の9回に7番高橋(3C2)の犠牲フライですぐに取り返し、最終回を海野(3C2)が三者凡退に抑えゲームセット。7-2で勝利した。
内容としては大満足と言える内容ではなかったものの、ブロック予選を突破し本大会へ出場することが決まった。本大会までに課題を修正し、本大会でも結果が残せるよう練習を積み重ねていく。