堀越高等学校 むらさき募金
部活動記録
トップ > 部活動記録トップ  > 記事 
運動部 硬式野球部 男子バスケットボール部 柔道部 卓球部 テニス部 陸上競技部 バドミントン部 ゴルフ部 水泳部 サッカー部 軟式野球部 ダンス部 アメリカンフットボール部 文化部 吹奏楽部 美術部 写真部 理科部 インターアクトクラブ 同好会 書道同好会 音楽研究同好会 ハンドメイド同好会 女子バスケットボール同好会 パソコン同好会 サッカー同好会 ヒップホップ同好会 ボウリング同好会 演劇同好会 女子バレーボール同好会 コーラス同好会 生徒会委員会 風紀委員会 整美委員会 広報委員会 応援委員会 保健委員会 放送委員会 図書委員会

2019年10月27日 硬式野球部

大会名:秋季東京都高等学校野球大会 本大会 3回戦
日 時:10月27日(日)
場 所:都営駒沢球場

【バッテリー】佐藤龍生(2C1a) – 渡邉(2C1a)
【二塁打】
佐藤龍生(2C1a)渡邉(2C1a)増田(2C1a)芝(1C1a)
【三塁打】なし
【本塁打】田倉(1C1a)

初回、死球で出塁したランナーを守備の乱れで3塁まで進めてしまい、2死3塁から相手4番打者にタイムリーヒットを打たれて1点を先制される。
2回、本校はすぐに反撃する。4番渡邉がセンター前ヒットで出塁し、5番田倉がバントで送り、6番横溝がセンター前に抜けるかという痛烈な打球を放つが、相手セカンドが追いつく。しかし、捕球しきれず弾いたためボールが点々とする間に渡邉が一気にホームイン。同点に追いつく。しかし3回裏、相手5・6・7番に連続安打され2点を失い再びリードを許す。
4回表、2死から田倉がレフトへホームランを放ち、1点差に追いつく。失点はするものの、すぐに取り返すことができており、一進一退の攻防が続く。
しかし、5回裏にまたも守備のミスでチャンスをつくられ相手6番打者にレフト前へタイムリーヒットされ2点差となる。
6回の表、先頭の中林が四球で出塁し、増田が送りバント。1死2塁とチャンスを作るが、ここでもミスが出てしまい得点できない。その後7・8・9回は振り逃げによる出塁があったのみでチャンスを作ることができず、2-4の2点差で敗退した。
本校は攻守ともにミスが多く、チームとしての力のなさが浮き彫りになった試合であった。来年の春・夏の大会に向けてあらゆる面でのレベルアップを目指していく。


上に戻るお問い合わせプライバシーポリシー