堀越高等学校 堀越高等学校パソコン用ページ 堀越高校モバイル トップページ
2019年03月22日

2018年度 修了式を行いました
3月22日(金)、2018年度の修了式を行いました。校歌斉唱後、勝又校長から「今年5月1日、新たな元号に代わり、平成の時代が終わります。振り返ると、平成の時代は大きな事件や災害が多かったように思います。新しい時代が平和な時代であってほしいと願います。3月5日、1学年のクラス代表がビブリオバトルを行いました。一人一人が個性的で、とても感動しました。生徒の個性を発揮できる機会を設けることが学校の使命だと改めて感じました。皆さんの可能性は、無限です。これからも大いに期待しています。昨日は、東京都に桜の開花宣言が出ました。私は“新緑”という言葉が大好きです。温かく、優しい春の日差しに包まれながら植物が成長する時期、生命力を感じます。皆さんは今、まさに人生における新緑の時であるということを実感してください。1年生は先日、初めて進級認定を受けたと思います。勉強をすれば、良い点が取れる。進級認定は、皆さんの努力の結果です。4月からは上級生です。自信をもって、前へ進んでください。2年生は来年度、1年・2年を引っ張る存在です。自信とプライドをもって歩んでください。そして自分の進路を決める大切な時期です。自分のために努力してください。皆さんには、成長することを楽しみ、もっともっと充実した時間を過ごしてほしいと願います」とお話がありました。
続いて、精皆勤賞の表彰がありました。年間の皆勤賞380名、年間の精勤賞215名、第3学期の精皆勤100%は、2年C2aクラスと1年Aクラスでした。来年度は、全員が年間の精皆勤100%を目指して頑張りましょう。
体育館での修了式後、1年生はビブリアバトルの成績発表が行われ、初代チャンピオンに小山更紗さんが決定。第2位に『記憶屋』竹村祐子さん、第3位に『サクラダリセット』後藤星夜くんが選ばれました。その後、今年度最後のホームルーム。4月にはクラス替えが行われるため、担任の先生やクラスメイトと最後の時間を過ごしました。