堀越高等学校
堀越高等学校
title
トップ > 最新のお知らせ 
お知らせ月別一覧
  • 2017年2月 (3)
  • 2017年1月 (4)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (6)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年9月 (5)
  • 2016年8月 (2)
  • 2016年7月 (4)
  • 2016年6月 (8)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (10)
  • 2016年3月 (2)
  • 2016年2月 (3)
  • 2016年1月 (6)
  • 2015年12月 (3)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年9月 (5)
  • 2015年8月 (1)
  • 2015年7月 (9)
  • 2015年6月 (2)
  • 2015年5月 (2)
  • 2015年4月 (7)
  • 2015年3月 (4)
  • 2015年2月 (3)
  • 2015年1月 (4)
  • 2014年12月 (3)
  • 2014年11月 (7)
  • 2014年10月 (6)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (2)
  • 2014年5月 (3)
  • 2014年4月 (6)
  • 2014年3月 (2)
  • 2014年2月 (3)
  • 2014年1月 (4)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (7)
  • 2013年10月 (6)
  • 2013年9月 (5)
  • 2013年8月 (2)
  • 2013年7月 (8)
  • 2013年6月 (1)
  • 2013年5月 (3)
  • 2013年4月 (4)
  • 2013年3月 (3)
  • 2013年2月 (3)
  • 2013年1月 (3)
  • 2012年12月 (2)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (6)
  • 2012年9月 (8)
  • 2012年8月 (3)
  • 2012年7月 (4)
  • 2012年6月 (5)
  • 2012年5月 (3)
  • 2012年4月 (2)
  • 2年生が進路学習の一環として大学・専門学校の授業を体験しました

    堀越高校では2学年の秋、将来の進路を決めるために、大学・専門学校・ハローワークの先生から講義を受けます。今年は、大学10校、専門学校2校、新宿ハローワークの先生方にご来校いただきました。
    今年の大学講座の特徴は、「職業としての公務員」「経営学を学ぶと就職に役立つって本当?」など就職を見据えたテーマが多く、改めて「なぜ大学に進むのか」「大学で何を学ぶのか」を考える機会となりました。
    専門学校は、オムレツを作る調理実習と人形の髪をカットする理美容の2講座。就職全般については、新宿ハローワークのジョグサポーターの方にお話を伺いました。 初めて体験する大学の授業や専門学校の実技は、生徒たちに新鮮な感動を与え、貴重な経験となったようです。
    2年生は今後、大学・専門学校への訪問や個別相談を経て、将来の進路を決定することになります。

    01出前授業 02出前授業
    03出前授業  04出前授業
    05出前授業 06出前授業

     


    ライン

    全校朝礼で進路指導部部長の小泉先生からお話がありました

    9月8日(月)、第2学期最初の全校朝礼を行いました。当日は校歌斉唱後、進路指導部部長の小泉先生から2つの数字についてお話がありました。「“0.1の効果”。昨日の自分を100として毎日0.1の努力を積み上げていくと1年で135、さぼってマイナスしていくと63。マイナスは3年続けるとゼロになってしまう。少しずつ積み上げていくことの大切さを理解して、皆さんは前進する自分であって欲しい。“22460人の応援”。堀越高校が男女共学になって、昨年までの卒業生は22460名となりました。卒業生は、みなさんの活躍を願い、応援してくれています。第2学期は、体育祭や文化祭、中間試験など様々な学校行事がありますが、皆さんを応援する多くの人の期待にこたえられる等に“0.1”の努力ができる学期にしてください」。

    001全校朝礼0908 002全校朝礼0908

    ライン

    2年生の進路学習で5人の卒業生から話を聞きました
    9月8日(月)、2年生の進路学習が行われました。進路学習は今年度3回目。1回目は仕事の選び方、2回目は学部・学科の選び方を外部の専門家にお話を伺いました。今回は、5人の卒業生に自らの体験談や進路決定に向けてのアドバイスをいただきました。

    101進路指導 卒業生の話 102進路指導 卒業生の話

    【大学へ進んだ先輩のお話】
    ・堀越高校では3年間、アメリカンフットボール部に在籍しました。大学進学の際、教員になる夢と大学でアメリカンフットボールを続ける夢、どちらを選ぶか迷いました。大学のオープンキャンパスへも多数参加して、自分にあっている学校を探しました。その時、駒沢大学のアメリカンフットボール部の監督さんに「2つの夢、どちらも諦めることはない」と言われ、気持ちが固まりました。大学進学は、自分の夢を叶えるための進学です。後悔のない進路選びをしてください。

    ・大学進学は、明確な目標を持って進んでほしいと思います。私は大学在籍中に保育士の資格を取得できることが進路選択の決め手となり、現在の大学に進みました。大学入学後、目的があいまいだった友達が何人も辞めていきました。大学は、3分の1が休暇。その時間をどのように過ごすか、教室での座学だけでは学ぶことができないことを、休暇を利用して学ぶ。自分の将来のために学ぶ。その姿勢がなければ、つまずいてしまうのが大学です。周りの意見を聞くことは大切ですが、流されることなく、自分の将来のために自分で決断することが大切になります。皆さんには、2つのお願いがあります。1つは、遅刻欠席をしない。しっかりとした生活習慣を身につけておいてください。大学では、遅刻欠席が多い仲間ほど退学していきます。堀越高校では、あいさつや身だしなみ、遅刻欠席に関してしっかり指導してくださいます。大学へ進んで、指導のありがたさが身にしみています。いまから身につけておくことが必要です。2つ目は、高校の教科書を捨てないでください。大学での勉強に役立ちます。勉強では、分からないことがたくさん出てきます。分からないことを分からないままにしないことが大切です。

    【専門学校へ進んだ先輩のお話】
    ・中学生の頃からメイクや美容に興味があり、美容の専門学校に進みました。将来はヘアメイクの道に進みたいと思っています。私は、オープンキャンパスで5校を訪問、その中の1校に絞って、10数回、学校訪問しました。美容といっても将来の道は様々です。美容、ヘアメイク、ウエディング、着付けなど。広い分野の勉強ができて、本当に自分のやりたいことが見つけられる。そのためには、自分の得意・不得意を知り、周りの人たちとのコミュニケーションを大切に、自分の力で前進していきことが大切です。

    ・私は、保育士の資格を取得するために3年生の専門学校に通っています。今の学校に決めるまで6校のオープンキャンパスに参加しました。そして、ココと決めた学校には何度も足を運び、先生方とお話をしました。保育課程のある学校でも、それぞれ異なる特色があり、自分に合った学校を見つけることは大切な事です。また、オープンキャンパスなどでお話した先生が面接の担当になることもあり、面接を受ける上で有利に働くこともあります。みなさんがどんな進路に進む場合でも、競合する他校・他社を多く訪問することをお薦めします。
    幼児教育は、保育園の数だけ方法があります。一つひとつの保育園が地域に合った教育方法を模索・実施しているからです。自分の教育方針に合った保育園を見つけることも就職のためには必要になります。自分の将来が決まっている人は、専門学校をお薦めします。

    【就職した先輩のお話】
    ・昨年、スーパーマーケットに就職をしました。就職活動の時に大切な事は、自分を知り、相手を知ること。自分は何をしたいのか、将来はどうなっていたいのか。相手=会社は、どんな企業理念で会社を経営しているのか、社訓は?環境=雰囲気は?良く勉強した理解した上で就職試験に臨んでください。会社に入れば、お金をもらうわけですから大変な事もたくさんあります。高校時代と異なり、会社の中でも、お客様でも年の離れた方々と接することになります。しかし、基本はあいさつ、礼儀、身だしなみ。堀越高校で学んだ人として当たり前のことが役立ちます。
    皆さんには、今できることを一生懸命にやって欲しい。今できることとは、遊びではありません。部活動や勉強、今=高校生の環境の中でしかできないことに全力投球してください。高校生の就職は厳しいと言われますが、今を全力で過ごしていれば、きっと就職試験を突破できます。そして仕事に好奇心を持って向かっていけば、会社でも認められる人になれると思います。


    ライン

    ▲ページの上に戻る

    1 / 212
     Copyright (C) 2016 Horikoshigakuen. All Rights Reserved.