モバイル版
堀越高等学校 堀越高校TOPページ
学校の理念 4つのコース クラブ活動 校内ゼミ 学園生活 スクールカレンダー 進路指導 生徒たちの声 交通アクセス クラブブログ
トップ > 最新のお知らせ(2019年05月)
お知らせ月別一覧
  • 2019年12月 (1)
  • 2019年11月 (9)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (1)
  • 2019年7月 (7)
  • 2019年6月 (3)
  • 2019年5月 (3)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (3)
  • 2019年1月 (4)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (6)
  • 2018年10月 (5)
  • 2018年9月 (5)
  • 2018年8月 (2)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (2)
  • 2018年5月 (4)
  • 2018年4月 (7)
  • 2018年3月 (2)
  • 2018年2月 (3)
  • 2018年1月 (4)
  • 年別一覧
  • 2019 (52)
  • 2018 (52)
  • 2017 (52)
  • 2016 (58)
  • 2015 (57)
  • 2014 (49)
  • 2013 (46)
  • 2012 (40)
  • 平成31年度前期の生徒会長と副会長が決定しました

    平成31年度前期の生徒会選挙は、生徒会長に1名、副会長に4名が立候補。5月15日に立会演説会と投票が行われ、生徒会長と副会長が決まりました。16日に任命式が行われ、勝又校長より任命書が手渡されました。
    前期は、体育祭や文化祭など大きな行事があります。会長・副会長と共に、生徒全員で力を合わせ、思い出に残る学校生活を作り上げましょう。


    3年生と2年生の保護者会を実施しました

    5月11日(土)、午前と午後に分かれて3年生と2年生の保護者会を実施しました。体育館で行われた全体保護者会では、担任教諭と学年付きの先生方の紹介、学年主任のお話。進路指導部長の和田先生、生徒指導部本田先生のお話。その後は各クラスに分かれて学級懇談会が行われました。

    3年生学年主任 斎藤先生
    いよいよ卒業後の進路を決める大切な時期となりました。今年度の学年目標は“実現・充実”です。生徒たちには、進路決定はもちろん、日々の活動、一つひとつの学校行事を真剣に取り組み、充実した学校生活を送ってほしいと伝えています。保護者の皆様には、生徒の将来のために2つのお願いがあります。一つは生徒の進路に対して話し合い、本人とご家庭の意思を一つにまとめてください。二つ目は事故や軽率な行動に注意してください。特に不用意なSNSの利用は将来にかかわる事故につながる危険があります。お子様と一緒に将来を考え、夢を実現できるようにサポートをお願いいたします。3年生全員が、笑顔で卒業式を迎えられるように、我々も全力で教育活動にあたります。

    2年生学年主任 佐藤先生
    学年目標は“笑顔でステップアップ”です。生徒たちには、これまでの1年間の経験をもとに将来を見据え、レベルアップする1年にしてほしいと伝えています。現在、2年生の半数以上が大学進学を希望しています。現2年生から大学入試が変わり、学力重視になると言われています。日々の努力を積み重ねて、夢を実現してほしいと願っています。この学年が最も力を注ぐのは、『心の育成』です。生徒を認めることから始め、生徒のやる気を引き出す指導を心がけます。生徒指導は、冷静に、そして熱く。正面から生徒の心に響く指導を心がけます。時には厳しく毅然とした態度で接しますが、保護者の皆様には指導方針をご理解の上、これまで同様のご協力をお願いいたします。

    進路指導部長 和田先生
    現2年生から大学入試が変わります。学力はもちろん、主体性が求められます。“変化する世の中にあって、自分を振り返り、自分はどう考え、どう行動するのか”を気づくことが大切になります。大学に限らず、専門学校、就職おいても自分に合った進路選択が重要です。なぜ、その大学・専門学校・会社を選ぶのか。何を学びたいのか、どんな仕事をしたいのか。合格や入社がゴールではありません。やり抜くことができる学び、長く続けることができる仕事を見つけ出すように指導しています。

    生活指導部 本田先生
    2年生は生活指導から進路指導へ変わる時です。生徒たちにはもう一度、挨拶、礼儀、身だしなみの大切さを再認識してもらいます。最近は、SNSの事故が多くなっています。HPやブログを使用して必要以上にプライバシーを公開してしまう。それが、どんなに危険なことか、認識が薄いところが見受けられます。自分のため、仲間のために認識を新たにして、取り返しのつかない失敗がないよう指導します。保護者の皆様にも、ご協力をお願いします。


    1年生とトレイトコースの保護者会を実施しました

    27日(土)、1年生とトレイトコースの保護者会を実施しました。1年生の保護者会は体育館で全体保護者会、その後は各クラスに分かれて学級懇談会が行われました。
    全体保護者会では、学年主任の山口先生から担任教諭、学年付教諭が紹介されました。そし
    て「学年目標は“挑戦”としました。何事にも前向きに挑戦し、成功や失敗体験から様々なことを学んでほしいと思います。思い通りにならないことも度々あります。そんな時、お礼と謝罪をいち早くすることが大切だと伝えています。生徒たちには早く学校生活に慣れて、勉強・部活動・各種検定試験などに挑戦してほしい。生徒たちがまっすぐに行動するためには、学校と保護者の皆様の協力が欠かせません。生徒の小さな変化も素早くキャッチして対応するためにも、ご協力をお願いいたします。」とお話がありました。
    その後、教務部部長の金子先生が教科指導の目標や方針、評価基準などを説明。「高校に入学した今、フレッシュでやる気のある今、生徒たちには、学ぶ習慣を身に着けて“やればできる”“達成感”をつかんでほしいと思います。」とお話がありました。続いて、生徒指導部部長の竹内先生が事故への注意喚起、SNSの利用方法を説明。「子供たちの様子で気になることがあれば、早めに相談していただき、早めに解決したい。」とお話がありました。
    全体保護者会の後は、各クラスに分かれて学級懇談会が行われました。担任教諭が自己紹介、入学後の生徒たちの様子を紹介するとともに、子供たちが部活動や校内ゼミ、学校行事へ積極的に参加する環境作りをお願いしました。
    保護者会は、教育的な成果を上げるためには欠かすことのできない“家庭と学校の相互理解”の機会です。本校では、保護者の皆様と意識の共有を図る努力を続けてまいります。