トップ > 最新のお知らせ(2018年09月)
title
お知らせ月別一覧
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (2)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (2)
  • 2018年5月 (4)
  • 2018年4月 (7)
  • 2018年3月 (2)
  • 2018年2月 (3)
  • 2018年1月 (4)
  • 2017年12月 (3)
  • 2017年11月 (6)
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年9月 (6)
  • 2017年8月 (1)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (2)
  • 2017年5月 (3)
  • 2017年4月 (10)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (3)
  • 2017年1月 (4)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (6)
  • 2016年10月 (6)
  • 年別一覧
  • 2018 (38)
  • 2017 (52)
  • 2016 (58)
  • 2015 (57)
  • 2014 (49)
  • 2013 (46)
  • 2012 (40)
  • 卒業生にご来校いただき、2年生の進路学習(先輩の話)を行いました

    9月3日(月)、卒業生5人にご来校いただき、2年生の進路学習(先輩の話)が行われました。今回は大学生2名、専門学校生2名、社会人1名の計5名の先輩にお話を伺いました。

    大学で現代法学部に在籍、陸上競技部にも所属している先輩
    中学・高校と陸上競技に夢中で進路のことはあまり考えていませんでした。唯一、大学でも陸上競技を続けたいと思っていました。大学へ進もうと考えている人へのアドバイスは3つ。まずは、成績を少しでも上げてください。進路の幅が広がります。特に、国語・数学・英語をしっかり勉強すること。入試の重要科目です。英単語を思えておくことは、いろいろなところで役に立ちます。次に、早めに将来のことを考えること。先生に頼って、2年生の時から少しずつ進路を具体的に考えると3年生になって困らないです。最後に、今できる事を一生懸命に行うこと。勉強も、部活動も全力で頑張ることは、必ず将来につながります。

    大学で心理学・歴史学を学び、将来は教員を目指す先輩
    堀越高校の先生方に出会い、私も教員になりたいと大学へ進みました。大学選びの第一歩は情報収集。そしてオープンキャンパスへ出向いて自分に合っているか、雰囲気を感じること。いくつもの大学を訪問しました。同じ大学へ何度も訪問しました。高校生活で大切なことは、遅刻をしない、欠席をしないこと。しっかりとした生活習慣を身に付けてください。生活習慣が身についていないために大学を休みがちになり、やめていった友人を見ました。私には、もう一つ受験をしたい大学がありましたが、“私ではダメだ”と諦めた経験があります。皆さんには諦めてほしくない、後悔してほしくない。そのためにも、早めに行動をして自分に妥協しない進路決定をしてください。

    美容師・理容師の資格取得のために専門学校に通う先輩
    実家が理髪店を経営しているのですが、高校3年まではIT関連に興味があり、進路決定を迷っていました。結局、仕事の内容や良いこと・悪いことを理解している理美容の仕事を目指して専門学校へ進学しました。入学後、友人の中には“こんなはずではなかった”と時間もお金も無駄にして、やめていった人もいます。専門学校は、将来の仕事と直結します。思いつきではなく、仕事の中身を知り、辛いことを乗り越えられるような自分の好きな仕事を探してください。理美容の専門学校は、実技・実習のイメージが強いのですが、実は座学も多いです。薬剤や衛生面の勉強は、高校の化学が基礎となります。1年目から就職活動も始まり大変なことも多いですが、好きな道ならが頑張れます。

    専門学校で歯科衛生士を目指して国家試験に挑戦する先輩
    高校3年間、吹奏楽部の活動に夢中でした。進学するならば、専門学校。でも、どんな職業に就くのか?まず、“どんな職業があるのか”からのスタートでした。医療看護系に興味がありました。女性が活躍できて、転職や再就職も可能、何よりやりがいがある仕事。それが私にとって歯科衛生士でした。1年目の勉強は、知識取得。頭がパンクしそうでしたが、仲間と力を合わせて乗り切りました。2年目は実習。技術面を高める大切な時期です。専門学校の学びは、一生につながる学びです。一夜漬けではなく、頭や体に染み込ませなければいけません。大切なことは、ゆっくり・じっくり・しっかり考え、目標に向かって頑張ること。私にとっての幸運は、先生や仲間に恵まれたこと。皆さんもそんな学校選びをしてください。

    就職して5年、スーパーでレジ係・教育係として活躍する先輩
    高校3年の時、“人と接する仕事がしたい”とスーパーへの就職を考えましたが、アルバイトの経験もなく、どこのスーパーが良いのかわからない。そこで何社も就職活動で訪問しました。決め手は、お客様満足度1位の実績でした。現在は、レジ全般を担当。レジスタッフのシフトを考え、勤務時間を管理し、教育係・クレーム対応も行います。大切なことは、初心を忘れない。そして続けること。悩むこともあるけれど、続けていれば、必ず良いことがある。これは私が堀越高校の吹奏楽部で学んだことです。そして自分の気持ちを伝えることも大切です。良い演奏をするために、仲間と一緒に話し合った高校時代。社会に出てもお客様のため、より良い会社環境を作るために話し合うことが大切です。皆さんにとって、堀越高校での経験は、社会に出てもきっと役立ちます。

    進路指導部長 和田先生より
    皆さんには可能性があります。しかし、知らないことは得られません。将来を決める進路決定には、いろいろな道があることを知ってください。本日は、5人の卒業生にお話をしていただきます。今後は、大学や専門学校への訪問、授業を受ける機会があります。積極的に取り組み、好奇心を持って臨んでください。