堀越高等学校
堀越高等学校
title
トップ > 最新のお知らせ 
お知らせ月別一覧
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年9月 (6)
  • 2017年8月 (1)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (2)
  • 2017年5月 (3)
  • 2017年4月 (10)
  • 2017年3月 (2)
  • 2017年2月 (3)
  • 2017年1月 (4)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (6)
  • 2016年10月 (6)
  • 2016年9月 (5)
  • 2016年8月 (2)
  • 2016年7月 (4)
  • 2016年6月 (8)
  • 2016年5月 (2)
  • 2016年4月 (10)
  • 2016年3月 (2)
  • 2016年2月 (3)
  • 2016年1月 (6)
  • 2015年12月 (3)
  • 2015年11月 (11)
  • 年別一覧
  • 2017 (42)
  • 2016 (58)
  • 2015 (57)
  • 2014 (49)
  • 2013 (46)
  • 2012 (40)
  • 2年生、3年生の始業式を行いました

    4月7日(木)、2年生と3年生の第1学期の始業式を行いました。

    2・3年生始業式01 2・3年生始業式02
    2・3年生始業式03 2・3年生始業式04

    生徒たちは、事前にクラスを知らされているため登校後は各自のクラスに着席しましたが、担任の先生が誰かと戦々恐々。始業式は校歌斉唱後、伊藤校長から「平成28年度は、昨年度の反省をしっかりと受け止め、決意をもって歩み始めてください。3年生は、一生を決める大切な時期、2年生は堀越高校の中心となって活動するとき。そんな皆さんに“勉強をしないで後悔する人はたくさんいますが、勉強をして後悔する人はほとんどいない”という言葉を贈ります。勉強をしましょう。自分を磨きましょう。堀越高校は、勉強だけを教える学校ではありません。勉強をして、ルールやマナーを身につけ、立派な大人として成長してください。今年から高校生であっても18歳以上の人には選挙権が与えられます。大人として扱われるということです。本校では学園内での選挙活動は一切禁止です。学園外での集会への参加は届出制です。参加の許可は、学校ではなく保護者の方が行うものです。皆さんは、慎重に責任を持って行動してください。今日は、新学期のスタート。皆さんは、決意を書き留めて、自分の目標に向かって全力投球してください」と式辞がありました。
    始業式後、いよいよ担任教諭の発表。各クラスの先生が発表されると歓声、拍手が沸き起こり生徒と先生が礼を交わして新しいクラスがスタートしました。
    明日は、入学式。やさしく、温かく、ある時は厳しく、新入生を迎えて素敵な学園を作っていきましょう。


    1年生の始業式を行いました

    4月6日(水)、平成28年度の新入生の始業式を行いました。当日は体育館に集合、クラスに分かれて整列。始業式の前に堀越精神のひとつである“礼に始まり礼に終わる”を身につけるために、あいさつの仕方を教わりました。

    1年生始業式01 1年生始業式02
    1年生始業式03 1年生始業式04
    1年生始業式05 1年生始業式06

    始業式では、伊藤校長が高浜虚子の“春風や 闘志いだきて 丘に立つ”、“勉強をしないで後悔する人はたくさんいるが、勉強をして後悔した人はほとんどいない”という2つの言葉を紹介。「今日は人生の区切りの日、今日の決意を忘れずに、有意義な高校生活を過ごしてください。また、皆さんは勉強のプロ。勉強が仕事です。しっかりと勉強の基礎力を身につけてください。ただし、堀越高校は勉強だけを教える学校ではありません。高校3年間を社会へ出る準備期間と考え、大人としての考えを持つ高校生を育てていきます。3年後の自分を想像して、いま何をすべきかを考えて行動してください。18歳であれば、高校生でも選挙権を持つ時代です。それは、大人として扱われるということです。目的を持って、努力をしてください。そして堀越高校を卒業してよかったといえる青春を過ごしてください」と式辞がありました。
    始業式に続いて、各クラスの担任教諭を発表。クラスに分かれて諸注意がありました。さぁ、8日はいよいよ入学式です。決意を胸に、式典に臨みましょう。


    平成27年度の修了式を実施しました

    修了式01 修了式02
    修了式03 修了式04

    24日(木)、平成27年度の修了式を実施しました。修了式は校歌斉唱後、伊藤校長から「今日は、卒業式の時に卒業生に贈った3つの言葉を皆さんにお話しします。1つ目は、“夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし”。夢を持つことの大切さを読んだ吉田松陰の言葉です。2つ目は、戦国の武将、石田光成の“終わりまでは、終わりではない”。最後まで諦めるなということです。3つ目は、吉川英治の“若竹の 伸びや陽の恩 土の恩”。周囲の人たちへの感謝の気持ち、自分が身につけた力を持って社会で咲けということです。皆さんには、夢を持ち、その夢に向かって最後まで諦めずに努力をして、自分に力を付けて世の中に飛び出してほしいと願っています。皆さんはこの1年、どのように過ごしましたか。生活面、行動面、学業面。自分自身を振り返り、自分のための力を身につける努力をしてきましたか。今、目覚めて行動しなければ、いつやるのか。新学期を前に皆さんの前向きな行動に期待します」と式辞がありました。
    修了式に続き、年間精皆勤の表彰と学力テストの成績優秀者の表彰が行われました。年間皆勤は全校生徒の48.8%、年間精勤は全校生徒の25.3%。1C3は、年間精皆勤100%でした。


    ▲ページの上に戻る

    30 / 98« 先頭...1020...2829303132...405060...最後 »
     Copyright (C) 2017 Horikoshigakuen. All Rights Reserved.