モバイル版
堀越高等学校 堀越高校TOPページ
学校の理念 4つのコース クラブ活動 校内ゼミ 学園生活 スクールカレンダー 進路指導 生徒たちの声 交通アクセス クラブブログ
トップ > 最新のお知らせ(2016年07月)
お知らせ月別一覧
  • 2019年12月 (1)
  • 2019年11月 (9)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (1)
  • 2019年7月 (7)
  • 2019年6月 (3)
  • 2019年5月 (3)
  • 2019年4月 (7)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (3)
  • 2019年1月 (4)
  • 2018年12月 (2)
  • 2018年11月 (6)
  • 2018年10月 (5)
  • 2018年9月 (5)
  • 2018年8月 (2)
  • 2018年7月 (10)
  • 2018年6月 (2)
  • 2018年5月 (4)
  • 2018年4月 (7)
  • 2018年3月 (2)
  • 2018年2月 (3)
  • 2018年1月 (4)
  • 年別一覧
  • 2019 (52)
  • 2018 (52)
  • 2017 (52)
  • 2016 (58)
  • 2015 (57)
  • 2014 (49)
  • 2013 (46)
  • 2012 (40)
  • 平成28年度 第1学期の終業式と壮行会を行いました

    7月16日(土)、平成28年度 第1学期の終業式を行いました。終業式では校歌斉唱後、伊藤校長より「明日から皆さんは45日間の夏休みに入ります。受験勉強に専念する生徒、部活の合宿で汗を流す生徒、文化祭の準備を進める生徒、家計のためにアルバイトをする生徒。大切な45日間、充実した日々を過ごしてください。“水は低きに流れ、人は易きに流れる”と言いますが、油断したり、楽な方に向くと事故や問題を起こしやすいものです。きちっと判断して、志を持って未来にチャレンジする45日間にしてください。現在使用している校舎は、本日が最後になります。次回登校日は、8月31日。新校舎への登校です。自宅から新校舎までの登校時間を図り、新たな気持ちで学園生活に取り組む準備の日です。皆さんの元気な笑顔に会えることを楽しみにしています」とお話がありました。
    その後、「精皆勤率100%」「学力テスト」「新体力テスト」の成績優秀者を表彰しました。第1学期の精皆勤者は、1565名中1386名、88.6%の生徒が精皆勤賞という素晴らしい結果でした。
    終業式に続き、今夏、関東大会や全国大会へ出場する選手の壮行会が行われました。ゴルフ部、ボウリング部、水泳部、陸上競技部の生徒に対して生徒会長の朝日君から「関東大会、全国大火への出場、おめでとうございます。自信を持って、堀越の代表として頑張ってください」と激励の言葉が送られました。選手代表者からは「たくさんの人たちの支えが合って、ここまでくることができました。堀越の代表として全力を尽くします」と力強い言葉が返されました。最後に、生徒全員から大きな拍手が送られました。
    壮行会の後、生徒たちは各クラスに戻り、通知表や夏休みの過ごし方など様々な資料を受け取りました。

    終業式01 終業式02
    終業式03 終業式04
    終業式05 終業式06
    終業式07 終業式08

    野球部が21得点の猛攻で3回戦を突破しました

    7月14日(木)、神宮球場で東東京大会の3回戦の成立学園戦を行い、本校野球部は3回に打者2巡の猛攻で15点を奪うなど、5回までに21得点をあげてコールド勝ちを収めました。試合途中に2度、雷雨接近により試合が中断されましたが、多くの皆様に最後まで応援していただきました。ありがとうございました。
    次の試合は、16日(土)11時30分から神宮球場でシード校の関東一と対戦。甲子園出場に向けて大きな試練となる一戦です。応援、よろしくお願い致します。
    ※天候不良などによる日程変更にお気を付けください。詳しくは、東京都高等学校野球連盟のホームページをご覧ください。http://www.tokyo-hbf.com/
    ※試合会場では、熱中症対策を十分に施して応援いただきますようお願い致します。

    成立学園戦01 成立学園戦02
    成立学園戦03 成立学園戦04
    成立学園戦05 成立学園戦06

    本校野球部が夏の甲子園に向けて初戦を突破しました

    7月12日(火)、第98回全国高等学校野球選手権大会 東東京大会の2回戦、本校野球部の初戦となる試合が府中市民球場で行われました。対戦相手は都立目黒高校。2回に3点を先制され、なおも1死満塁のピンチ。2番手投手の関口がセンターへ抜けるかと思われた強烈なライナーをキャッチ、ダブルプレーで切り抜けると試合の流れは本校へ。3回から毎回得点の9点を奪い、守っては関口、原島の継投で逆転勝利を収めました。
    次の試合は、14日(木)14時から神宮球場で成立学園と対戦します。応援、よろしくお願い致します。
    ※天候不良などによる日程変更にお気を付けください。詳しくは、東京都高等学校野球連盟のホームページをご覧ください。http://www.tokyo-hbf.com/
    ※試合会場では、熱中症対策を十分に施して応援いただきますようお願い致します。

    対目黒高校01 対目黒高校02
    対目黒高校03 対目黒高校04
    対目黒高校05 対目黒高校06