堀越高等学校
堀越高等学校モバイルサイト
第3回学校説明会の模様
カレンダー 月刊堀越 入試情報 堀越祭 クラブ活動掲示板 制服紹介 施設紹介 事務室だより

平成30年度 第3回目の学校説明会を開催しました

10月21日(土)、10時と14時の2回、平成30年度 第3回目の学校説明会を開催しました。台風接近によるあいにくの雨模様でしたが、たくさんの中学生と保護者の皆様にご来校いただきました。ありがとうございました。
当日は体育館での全体説明で、伊藤校長の挨拶、在校生のコース紹介、入試広報部長による本校入試に関するお話がありました。その後、校内見学(自由見学)・個別相談に参加していただきました。
第3回学校説明会 第3回学校説明会
第3回学校説明会 第3回学校説明会
第3回学校説明会 第3回学校説明会
第3回学校説明会 第3回学校説明会
【伊藤校長挨拶】
平成30年度の東京都高等学校の受験環境は、受験者数から見る倍率には大きな変化はありませんが、過去最高レベルの都立志向といわれています。また、現在の中学3年生から大学入試が変わり、思考力やコミュニケーション力が問われる記述式が増加すると言われています。このような環境の中、皆さんは東京都にある420校の中から自分に合った高校を選ぶことになります。人と人に相性があるように、学校と人にも相性があります。私立高校は特に、建学の精神や教育方針に特徴があります。本校は、躾教育に力を入れています。あいさつ、身だしなみ、周囲の人への感謝の気持ちなど、社会に出てから必ず必要となり、社会で役に立つ“人としての基本”を指導します。本校の特徴を理解していただき、“自分に合っている”“堀越高校で自分の夢を実現したい”という受験生を待っています。
本校は、皆さんと4つの約束をします。
① 安全で安心な学校つくり。
② 安定して授業が受けられる環境。
③ 青春を謳歌できる環境。
④ 進路をしっかりと決めて卒業できる環境
皆さんが安心して有意義な高校生活を過ごすことができる学校であることをお約束します。
本日は短い時間ですが、すこしでも本校を理解して自分に合っているかを確かめていただきたいと思います。分からないこと、聞きたいことがあれば、個別相談で質問してください。
【在校生のコース紹介:進学進路選択コース】
進学進路選択コースは、本校の中で在籍者数が一番多いコースです。生徒の進路は、大学・短大・専門学校・就職など、多岐にわたりますが、それぞれの進路に合わせて指導していただけます。2学年からは、文系・理系に分かれて学びます。私は生徒会広報委員会に所属、他の学年やクラスの仲間と交流ができ、楽しい学園生活を過ごしています。
堀越高校では、登下校の時に校門で一礼する、毎月身だしなみ点検があるなど、最初は厳しいと感じる校則もありますが、すべて社会に出れば当たり前のことばかり。3年間、社会に出るための勉強を積み、自然にあいさつや身だしなみを整えられるようになります。
先生と生徒の距離が近いのも、堀越高校の特徴です。授業以外の時間、朝や休み時間、昼休みや放課後、いつでも先生方から声をかけてくれます。いつも見守ってくれる先生方がいるので、勉強以外のことでも相談しやすいです。私は、高2・高3と同じ担任の先生です。女性の先生なので、女性の私は特に相談しやすい大きな存在です。
堀越高校を漢字一文字で例えると、基礎の「基」。堀越高校は分かりやすい授業、毎朝15分の朝学習など、基礎学力の向上を目指して勉強しています。また、社会に出てから必要となる“人としての基礎”を学ぶことができる学校だと思います。
【在校生のコース紹介:育英コース】
育英コースは、1学年2クラス。女生徒が多く、活気あるコースです。生徒会、部活動への参加者が多く、学校の中心的な役割を担うという気持ちを持った生徒が多いです。
本校進路指導は、大学・専門学校のキャンパスを訪問したり、大学・専門学校の先生方が堀越高校を訪れ授業を開講してくださったり、それぞれの良さを体験できる機会があります。それらを経験した上で、孫路指導の先生と自分の進路を決めていきます。3年次には個別面談がありますが、それまでに自分の気持ちを整理することができます。
私は生徒会長を務めさせていただいています。人前で話をしたら、説明をすることが得意になりました。また、係生徒として学校行事に参加することが多いのですが、毎回、学年やクラスを超えた新しい友達が増えていきます。
将来は、高校の保健体育の先生になることが夢です。昨年、体育の授業を受けた女性の先生が私のあこがれ。“あこがれの先生”に出会え、自分の将来の目標ができたことは、私にとって大きな幸せだと思います。
堀越高校を漢字一文字で例えると「咲」。入学から3年間で“個性”という大きな花を咲かせることができる学校だと思います。私は、満開の花を咲かせることができました。
【在校生のコース紹介:体育コース】
体育コースは1年から3年までクラス替えがなく、クラス全員の仲が良いです。月曜は6時限授業、火曜から金曜は4時限でその後、部活動です。大好きな部活動を思う存分できます。私は硬式野球部で土曜・日曜は対外試合です。陸上競技部、サッカー部、バドミントン部、ダンス部、ゴルフ部、水泳部、テニス部が、関東大会や全国大会を目指して活動しています。硬式野球部は、野球の技術はもちろんですが、人間形成にも力を入れています。礼儀・あいさつ・粘り強さなど、野球人として、また社会人として必要な力を養います。入学前に話を聞いた時には、厳しいと感じていた校則ですが、大人の社会では普通のことだと理解して、前向きに取り組みました。先日受験した大学の面接試験の時にも、礼儀・あいさつ・粘り強さを学んだ本校野球部での経験を話し、合格することができました。
堀越高校を漢字一文字で例えると文武両道の「両」。勉強もスポーツも一生懸命に取り組み、悔いのない青春時代を過ごすことができる高校だと思います。“fighting”、学園生活を通して心がけています。
【在校生のコース紹介:トレイトコース】
トレイトコースは、芸能・文化などで活躍している人たちが学業とプロ活動を両立させるためのコースです。現在、1年12名、2年11名、3年17名の計40名が在籍。ホームルームはトレイトコースのみで行いますが、授業は2~3名に分かれて進学進路選択コースのクラスで受講します。髪型などの規則は、他の生徒と変わりませんが、仕事で長髪などにしなければいけない時には、事務所から申請書を提出して、その期間だけ認められます。また、時間プールという制度があり、プロ活動で出席日数が少なくなった時には、早朝・放課後・夏休みなどに勉強した時間で保管することができます。年4回の定期試験は、放課後に仲間と教え合って乗り越えます。また、試験対策ゼミが開講されるので、苦手な科目を受講して試験に臨むことができます。私は研修旅行で沖縄に行きました。3年生の5月後半に行く研修旅行は、北海道・沖縄・アメリカ・オーストラリアから選んで参加します。
堀越高校を漢字一文字で例えると「親」。先生方は親身になって接してくださり、とても親切です。家族のような環境で、将来も付き合っていける友ができました。「親」は木の上に立って見ると書きますが、視野を広げることができる学校だと思います。
【入試広報部長の掛本先生から入試に関するお話】
皆さんは、いよいよ志望校を決める時期にきました。何を基準に高校を決めますか?内申点?偏差値?通学時間?これらは数字で分かりますが、数字では分からない“雰囲気”も重要です。校内を回り、生徒や個別相談の教諭と話をして、本校の雰囲気を感じ取ってください。そして、皆さん自身が3年間、楽しく過ごせる高校を見つけてください。
堀越高校を説明する時、私は校則が厳しい高校とお話します。その厳しさは、一つは身だしなみ、そしてSNSの取り扱いです。他の学校の先生方に話を聞くとSNSによるいじめが増えていると聞きます。堀越高校で、そんなことが起きたら嫌です。本校が厳しく指導するのは、みんなが楽しく過ごすことができる学園を作るためです。厳しいと言われる校則は、皆さんを守り、やりたいことができる学園を作っています。
堀越高校の特徴を理解して、入学していただきたい。そのために学校説明会・学校見学会を設けています。また、個別相談会を利用して、なんどでも堀越高校へ来て、自分は堀越高校と相性が良いか、堀越高校で頑張れるか、高校時代に何をやるのかなど、見極めて欲しいと思います。
※出願の方法、合格の目安などは、個別相談で詳しくご相談ください。通知表を持参していただくと、より具体的はお話ができます。
※個別相談への参加は、出願のひとつの条件となっています。今後の学校説明会、学校見学会の個別相談を必ず、ご利用ください。
【今後の学校イベント予定】
第4回学校説明会
11月18日(土)10時・14時
学校見学会
10月28日(土)~12月10日(日)までの土曜・日曜・祝祭日
10時・11時・13時・14時、1日4回実施します。(11月18日を除く)
★堀越高校は、こんな受験生を待っています★
・人の話に素直に耳を傾けられる人
・人の心の痛みがわかる人
・時間がかかっても一つのことを最後まで頑張れる人
・何事にもポジティブに、夢を持って前向きに取り組める人
・高校生活に具体的な目的意識を持っている人

▲ページの上に戻る

Copyright (C) 2017 Horikoshigakuen. All Rights Reserved.